<2016.9.25 読みやすいよう全文を修正しました>

京葉線朝ラッシュ時に新木場駅から下り電車に大量乗車が見られた。いったい彼ら、彼女らはどの駅で降りるのだろうか? その謎をこれから解きあかします。
(観察年月日 2016年3月9日)


◆朝下り・新木場から乗車体験報告

8:02 新木場にて、蘇我行き各駅停車(10両)に乗車。

座席はすでに埋まって到着しており、さらに新木場にて多数乗車にて発車。ドアに7人、つり革に6人いる。下りにしては充分多い。

8:06 葛西臨海公園 この車両では私のドアのみ2名乗車。

8:09 舞浜着。 なんと14人降車!

大量降車の駅の一つは、舞浜でした!

舞浜は東京ディズニーランド・シーがあり、その周辺にはホテルがたくさん存在する。日本を代表する巨大テーマパークとその宿泊者を受け入れるホテル群は、京葉線にとっても多数の利用者を獲得しているのである。

それにしてもこんな早い時間に舞浜で降りるのはどうしてだろうか? このあとその仕組みを紹介します。

ただ、舞浜をすぎても、座席はまだ埋まっていて立っている人もいる。これらの人たちは一体どこへ行くのだろうか?

8:12 新浦安着。
8:15 市川塩浜着。
8:19 二俣新町着。
8:22 南船橋着。
8:25 新習志野着。
8:28 海浜幕張着。 

ん! ロングシートに座っていた人たちがいっきに立ち上がって大量下車! 

もう一つの大量降車駅は海浜幕張でした!

海浜幕張は、「幕張新都心」と名づけられ、たくさんのオフィスが存在する。ホテルもたくさんあり、幕張メッセという巨大展示場もある。

近くを並行している総武線の幕張本郷駅からは、朝は2両連節バスがおよそ1分間隔で海浜幕張地域に運転されている。それだけ海浜幕張地域への出勤が多いのである。

以下、京成バス公式ホームページの路線バス時刻表リンク先です。
http://www.keiseibus.co.jp/jikoku/bs_tt.php?key=04144_01a

さて、もうガラガラ。ロングシートあたり2人しか座っていない。

8:31 検見川浜
8:34 稲毛海岸
8:37 千葉みなと
8:41 終点蘇我着。観察は終了した。

KIMG0417


参考資料:京葉線の乗降者数一覧(外部サイトです。個人が作成したようです)
http://www.geocities.jp/l00az/0j3.htm


◆東京ディズニーランド・シーの開園時間は?

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの開園時間を調べてみた。10時くらいに開園なんだろうな、と思いながら。

以下公式ホームページの開園時間のページへリンク
http://www.tokyodisneyresort.jp/faq/calendar.html

なんと、朝8:00開演の日が多いではないか! 日によって8:30だったり9:00だったりする。それにしても、レジャーランドとしては開園が早すぎではないか? 

日によって開園時間を変えているのも、めんどくさくないか?

あのさ、開園時間8:00だとそこで働く職員は一体何時出勤になるんだよ。その前にはスタンバイするということだよね。そんな長く営業する必要あるのかな、って率直に思う。

ネットで調べたらさらに仰天。開園時間よりも前に到着するのがポイントだとか。


◆まとめ

(1)下り電車が混雑している原因が判明。舞浜駅と海浜幕張駅で大量降車がみられた。

(2)舞浜駅の東京ディズニーランド・ディズニーシーは開園時間が8:00の日もあった。日によって8:30や9:00やそれ以降もあるようだ。レジャーランドとしてはかなり早いのである。



さて、これらの観察を踏まえながら、京葉線の理想ダイヤを考えました。後日紹介予定です。


(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
©Copyright SHINO all rights reserved.