<2016.9.29 読みやすいよう全文を修正しました>

東京メトロ東西線は、朝の中野方面行き電車は大手町までは首都圏でも有数の激しい通勤混雑である。そして、逆方向の西船橋方面行きはそれほどでもないだろう、と思いこんでいた。

しかし、たまたま観察してみたら意外なことがわかったのである。それでは紹介します。


◆東西線大手町駅・朝ラッシュ時の乗降観察

7:47~8:12まで観察した。

中野方面行きは大手町到着時にはすでに激しい混雑はみられない。大手町でさらに下車するので発車時点ではかなりすいている。勿論これらの電車はどれも、茅場町・日本橋あたりまでは大混雑していたのである)。

しかし、西船橋方面行きのほうが大手町到着時点でかなり混雑している。そして大手町駅でも乗車が多く、発車時点でもかなり混雑している。

意外であった。

一体この西船橋方面行き電車はどの駅で乗客を多数乗せているのだろうか?中野か?高田馬場か?それとも他の駅なのか? わからない。

さて、大手町駅でかなりの混雑ぶりで発車する西船橋方面行き電車であるが、一体これらの乗客はどこで降車するのだろうか?

ということで、下り8:09発(3分遅発のため8:12発)に乗車することにした。


◆西船橋方面行き、大量降車する駅はどこだ?

日本橋、茅場町、門前仲町は乗換駅でもあり、それなりの量が降車して少しずつ車内の混雑は少なくなってきた。しかし、それでもまだ多くの乗客が存在する。

この人たちは一体どこへ行くのだろうか?

私の疑問は解けなかった。しかし、それはまもなく判明することになった。

東陽町駅に到着した。一斉に乗客が降車した。

私も東陽町駅で降りることにした。「もしかしたらこの位置の乗客だけが降車が多いのかもしれない、他の号車も見てみたい」と思ったためである。

東陽町駅ホームでは、南砂町方から木場方まで動いてみて数本の電車を観察した。

全体的に降車が多いことがわかった。

到着時は、2号車と8~10号車付近に偏って多く乗っているが、これらの乗客は東陽町の改札口に近いところで降りるためであった。東改札方面と西改札方面ともに乗客が多く、西改札へむかう降車客はホーム上でごった返していた。

(以下写真は、降車時ごった返す西改札行き階段)

KIMG0480

それにしても、なぜ東陽町はこれだけ降りる人が多いのだろうか? 詳しい方いらっしゃいましたらコメントしていただけたら幸いです。

東陽町を出発した下り電車は、どれもかなりすいていた。まさに役目を終えたかのようであった。

KIMG0479


◆まとめ

(1)大手町駅では、中野方面行き電車は到着時でもすでに激しい混雑ではない。発車時はさらに落ち着いていた。

(2)大手町駅では、西船橋方面行き電車のほうが混雑していた。到着時はかなり混雑しており、一定の乗降数があり、発車時もかなり混雑していた。意外であった。

(3)西船橋方面行き電車は、日本橋・茅場町・門前仲町で降車が多いのは理解できるが、そのほかに大量降車駅があった。東陽町駅であった。



※ 参考資料・東京メトロ一日平均各駅乗降人数一覧2013年度(外部・私設サイト)
http://www.geocities.jp/l00az/16.htm

※ 観察年月日 2016年3月18日。


(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
ⓒCopyright SHINO all rights reserved.