2016年10月15日、十条駅の立体交差化の説明会が行われたようである。しかし、このときに十条駅ホームの15両化についての討議があったのかが気になる。

以下、都議会議員(北区選出)であるおときた駿さんのツイートを抜粋。


十条駅立体交差について北区のホームページのリンクも貼っておきます。ここで紹介されているPDFの資料にはホーム長が210mと書かれており、これは10両編成分の長さである。https://www.city.kita.tokyo.jp/jujomachi/jutaku/toshikekaku/rennritsu/rennritsu_jujo.html

もしも板橋駅と十条駅のホームが15両化にできれば、赤羽・大宮間はすでに15両ホームへと容易に拡張できるように造られているため、混雑の激しい埼京線の大幅な輸送力増強が可能になるのである。

乗り入れしているりんかい線(大崎・新木場間)、川越線(大宮・川越間)については10両しか運転できないため、埼京線の15両化については消極的な意見も見られる。しかし、実際に輸送力増強は可能なのである。それではダイヤ案を紹介します。


(目次)
<0>前提条件
<1>日中ダイヤ案(下り)
<2>夕方・夜間ダイヤ案(下り)
<3>朝ラッシュ時
<4>補足
◆まとめ



<0>前提条件

・板橋駅から大宮駅までのホームを全て15両化対応に完成しているとする。
・現行ダイヤを基本として作成した。



<1>日中ダイヤ案(下り)

<ダイヤ案>

快速(15両)   新宿・大宮間 20分に1本
各駅停車(10両) 新木場・川越間 20分に1本
各駅停車(10両) 新宿・大宮間 20分に1本

・現行ダイヤに、快速のみを5両分増強した。
・りんかい線・川越線に直通する電車の種別を各駅停車へと変更した。
新宿・大宮間では平均11.7両となり、17%の輸送力増強効果が実現する。

<ダイヤ具体例>

快速)新宿00発 赤羽13発 武蔵浦和23発 大宮31着 (新宿発大宮行き15両
各停)新宿06発 赤羽19発 武蔵浦和33発 大宮45着 (新宿発大宮行き10両)
各停)新宿14発 赤羽27発 武蔵浦和45発 大宮57着 (新木場発川越行き10両)
快速)新宿20発 赤羽33発 武蔵浦和43発 大宮51着 (新宿発大宮行き15両)

<ポイント>

・乗客が集中しやすい快速を15両化した。また快速を新宿始発として混雑の分散をはかった。
・新宿以南(渋谷~新木場)から、また川越線への直通運転は各駅停車になってしまう。しかしりんかい線・川越線は15両では乗り入れできないため、やむを得ない。




<2>夕方・夜間ダイヤ案(下り)

<ダイヤ案>

通勤快速(15両) 新宿・大宮間 10分に1本
各駅停車(10両) 新木場・川越間 20分に1本
各駅停車(10両) 新木場・大宮間 20分に1本

・現行ダイヤに、通勤快速のみを5両分増強した。
・りんかい線・川越線に直通する電車の種別を各駅停車へと変更した。
・新宿・大宮間では平均12.5両となり、25%の輸送力増強効果が実現する。

<ダイヤ具体例>

通快)新宿00発 赤羽15発 武蔵浦和24発 大宮32着 (新宿発大宮行き15両
各停)新宿05発 赤羽20発 武蔵浦和39発 大宮51着 (新木場発大宮行き10両)
通快)新宿10発 赤羽25発 武蔵浦和34発 大宮42着 (新宿発大宮行き15両
各停)新宿15発 赤羽30発 武蔵浦和49発 大宮01着 (新木場発川越行き10両)
通快)新宿20発 赤羽35発 武蔵浦和44発 大宮52着 (新宿発大宮行き15両

<ポイント>

・乗客が集中しやすい通勤快速を15両化した。また通勤快速を新宿始発として混雑の分散をはかった。
・新宿以南(渋谷~新木場)から、また川越線への直通運転は各駅停車になってしまう。しかしりんかい線・川越線は15両では乗り入れできないため、やむを得ない。


<3>朝ラッシュ時の場合

・ダイヤ案は未完成である。
・上記の日中・夕ラッシュ時と同様の考え方で、通勤快速を新宿止まりにして15両化する。りんかい線に直通する電車の種別を各駅停車のみとする。
・朝ラッシュ時では通勤快速のみを15両化しただけでは効果が限定される。そのため、各駅停車のうち新宿止まりの電車を極力15両化する。


<4>補足

・日中・夕方・夜間では快速・通勤快速のみを15両化する案なので、最悪板橋駅・十条駅ホームを15両化しなくても通過扱いにしてしまえば、埼京線全体の流動状況からしても問題はない。但し、地元が通過を見逃してくれるかというのが問題である。
・快速・通勤快速を通過させるとなると、板橋駅・十条駅ホームが15両対応してなければ、突然の輸送障害などの非常時にホームに停車することができなくなり乗客を車内に缶詰にしてしまうリスクがある。


◆まとめ

(1)埼京線赤羽・大宮間のホームは容易に15両化できるように造られている。あとは板橋駅と十条駅のホームを15両化できれば埼京線の激しい混雑の緩和が実現できる。

(2)りんかい線・川越線のホームは10両対応でしかない。そのため、15両編成は大崎・大宮間の運用に限定される。

(3)日中の快速を15両化すれば17%の輸送力増強、夕方・夜間帯の通勤快速を10分間隔にして15両化すれば25%の輸送力増強となる(%の数値は新宿・大宮間)。混雑緩和に大きく貢献するといえる。



※ 2016年10月16日現在、埼京線を専門に観察していないため、今までのすれ違いなどで見た知識等をもとにダイヤ案を作成した。近々観察をしてアップデートする予定である。 


(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
ⓒCopyright SHINO all rights reserved.