いよいよ連接バスに乗車体験報告です。


<1>テクノガーデン・海浜幕張駅付近の状況

テクノガーデンの停留所である。これは幕張本郷行きである。迫力ある長さである。

KIMG3209

この停留所には、到着まであと何分かをお知らせする装置が付いている。バス停でこのような装置がある所は私は見かけたことがない。

KIMG3210

テクノガーデン停留所付近の歩道橋から撮影。真ん中の緑地帯のところへ新交通システムを建設可能にできる。なお、左側の停留所が幕張本郷行きである。ただし、もし歩道橋の上を通るのであればかなり高い位置に建設しなくてはならない。

KIMG3215

同じ位置から海浜幕張駅方面を撮影。交差点のすぐ先が海浜幕張駅のバスターミナルである。

KIMG3216

海浜幕張駅バスターミナルを撮影。右側がJR京葉線の海浜幕張駅である。もし高架の新交通システムを建設するのであればこの部分になる。イメージしてみてほしい。


KIMG3226

JR海浜幕張駅の方へ向けて撮影。高架の新交通システムでマリンフィールド行きまで設定するなら京葉線の上を跨がなくてはならないのでかなりの高さになる。


KIMG3227

海浜幕張駅バスターミナル案内。駅を出たすぐの1番のりばが幕張本郷行きである。

KIMG3230

幕張本郷駅まではICカードで216円である。

KIMG3238



<2>次世代型連接バス紹介

15:25 海浜幕張発のバスに乗車。

つかまる部分が目立つ黄色になっている。弱視の方にもわかりやすく良いことである。

KIMG3245

連接部である。かなり幅が長いため、インパクトがある。

KIMG3246

連接部分手前から後部を撮影。

KIMG3247

後部座席から連接部と前を撮影。

KIMG3249

ん!この連接バスは次世代型だぞ!

乗換案内は実に詳細である。左側は次の停留所を多国語表示、右側は終点幕張本郷からの京成・JRの乗り換えする時刻を4パターンで表示である。「京成上り・京成下り・JR上り・JR下り」のように。こんなの初めて見た


KIMG3250

逆に、幕張本郷から海浜幕張方面のバスでは、京葉線の乗換案内が表示されるようだ。

しかし、乗換先のJRも京成も各駅停車のみなので、ここまで乗換先の時刻を表示する必要があるのかは疑問なのである。


<3>バス発車!

15:25 海浜幕張駅発。乗客は私の他に5人しかいない。

歩道橋の下を何本かくぐる。高架路線を建設するのであれば、この上を跨がなくてはならないのである。

15:27 富士通。2人乗車。
15:29 運転免許センター 4人乗車。
15:33 幕張西2丁目 3人位乗車、1人降車。

幕張本郷駅に近くなってきた道路では、真ん中に緩衝用の土地がなくなっている。高架用の柱を建設する場所はどこにするのか?


KIMG3251

幕張本郷駅のすぐ近くの交差点である。バスはここを左折してすぐ右折して幕張本郷駅へ行く。信号2か所に引っかかる。もし高架を建設するのであれば、ここを直進してすぐ左に曲がるルートとなるだろう。しかし、建設できるのだろうか?

KIMG3252

15:37 終点幕張本郷着。(ダイヤでは15:35着)

「運賃は頂いておりますのでお近くのドアからお降りください」と放送あり。


ダイヤ上の所要時間は10分であり実際は12分なのである。バスでもそれほど時間がかかっているわけではない。

実は、グーグルが提供しているグーグルマップで見てみれば、高架柱を立てられる場所があるかどうかが一目でわかるのである。幕張本郷駅の手前までは緑地帯や空白のスペースがあるのがわかるだろう。グーグルマップもあわせて確認していただきたい。




<4>幕張本郷駅の平日朝のバス乗り場の解説

幕張本郷駅からのバスターミナルは以下写真のようになっている。通常、「1」と「4」~「8」のりばであるが、朝ラッシュ時のみ「0」のりばが使用される。

KIMG3304

拡大してみる。「1」のりばが一番利用しやすい場所である。写真右下にある「7:30~9:31」までは大量の通勤客をさばくために「1」と「0」とに分かれる。

KIMG3305

「0」のりばの停留所である。

KIMG3285

この停留所の発車時刻表を拡大してみる。各駅停車と、急行のうち「ハイテク経由」などが0番線となっている。すなわち、急行のNTTルートのみが1番線となる。

KIMG3286

朝ラッシュ時は0番のりばと1番のりばの2か所を使用しないととてもこなせないのである。


◆まとめ

(1)テクノガーデン付近は道路の間に緑地帯を設けており、高架物を建設できるスペースが確保されている。

(2)しかし歩道橋があり、またJR京葉線があるため、高架物を建設するならその上を通さなくてはならない。

(3)幕張本郷駅付近では道路の間のスペース(緑地帯など)がなくなっている。高架物をどの場所に建設するのだろうか。

(4)幕張本郷駅では、朝ラッシュ時では0番のりばを設定して2か所ののりばにて運用して多数の通勤客をさばいている。



※ さいごにバス輸送改善提案ですが、事情により数日間おいた後にアップを予定しています。

乗車体験日 2016年11月14日


(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
ⓒCopyright SHINO all rights reserved.