埼京線では今まで赤羽から大崎までの状況を取り上げてきました。しかし、赤羽以北の状況についてどのようになっているのか見ておきたかったのである。

埼京線乗降観察として今まで(その1)から(その5)まで紹介してきたが、

(その6)朝ラッシュ時大宮駅の混雑状況!
(その7)朝ラッシュ時各駅停車で大宮・赤羽間を乗車してきました!
(その8)埼京線の改善提案

を続編として書きます。予想以上に実りのある観察結果となりました。それでは早速(その6)を紹介します。



<0>埼京線大宮駅の概要

地下に2面4線のホームがあり、19番線から22番線までとなっている。

両端の19番線・22番線は「大宮始発新宿方面行き」となり、真ん中の20番線は「川越線から新宿方面行き」、21番線は「新宿方面から川越線直通」という使い方をしている。


なお、ホームはいつでも15両対応に延伸できるように用地が確保されている。

以下写真は時刻表である。7時台を見てみよう。

KIMG3631

7時台発は12本あり、「川越始発通勤快速」が4本、指扇始発各駅停車」が4本、「大宮始発各駅停車が4本」となっている。さらに武蔵浦和からは「武蔵浦和始発各駅停車5本」がこの時間帯に加わる。


<1>埼京線大宮駅ホームまで

ネットカフェから出て大宮駅西口へ向かう。歩いているうちに急に明るくなってきた。

KIMG3623

6:35 南改札を入る。改札入った真正面が東北・上越新幹線の改札口である。

KIMG3624

その左手がすぐに埼京線ホームである。南口改札に入ったすぐのところから撮影しているが、画面中央に21・22番線ホームへの入口があるのがわかるだろう。改札口から埼京線ホームまでは距離があるのかと思い込んでいたが、それほどでもなく南口改札からはむしろ便利な場所にある。

KIMG3625

改札に入って感じたことであるが、すでに通勤客が多めで足早に歩いており、通勤ラッシュが始まっているのである。

1階コンコースからさらに地下ホームへ降りる。

KIMG3626

なお、改札口は6か所あるようだ。以下写真で確認してほしい。

KIMG3634


<2>大宮駅乗降観察(6:39~8:34)

<以下記載の説明>

(19)は19番線、(20)は20番線である。なお、観察位置は6号車4番ドアである。このドアでの乗降数をカウントした。なお、(21)(22)は隣のホームのためカウントはできなかった。

上り電車の乗降数・混雑度については見やすいよう下線を付けた。

<観察記録開始>

6:39 大宮駅19・20番線ホームに立つ。めっちゃ幅の広いホームである。こんな幅の広いホームを2面も建設できたなんて恵まれすぎている。


KIMG3630

6:41 (20)通勤快速新宿行着。11人降車14人乗車。混雑感ありで発車。混雑しているドアもあるが混雑していないドアの方が多い。

6:43 (19)始発各停新宿行発。ドア前3人立っている。他の車両もその程度。

6:47 (19)始発各停が終着。7人降車。

6:48 (20)各駅停車新宿行着。8人降車4人(到着時)乗車。到着時は全員座れる状態だが発車までに次々に乗車し発車時はドア前に3人立っていた。

6:56 20番線には並ぶ乗客が増えていく。
KIMG3633

6:57 (20)通勤快速新宿行着。17人降車27人乗車。

満員で発車。他のドアはかなり混雑~混雑が多い。

7:00 (21)下り川越行着。立っている人がいる状態で到着し半数以上が降車し同数が乗車した模様。ドア前平均2~6人程度乗車して発車。

7:02 (19)始発各停新木場行発。ドア前6人立っている程度。

7:05 (20)各駅停車新木場行発。3人降車9人乗車。これは混んでいないで到着。発車時ドア前4人立っている程度。他の車両は平均してドア前2人立っている。

ん?次の通勤快速を待つ人の列がかなりの数に!列があの幅広いホームの半分まで到達している。

7:10 (20)通勤快速新木場行着。15人降車35人乗車。満員!他のドアではかなり混雑。

大宮の時点で満員になるとは思ってもいなかった。っていうか通勤快速に極度に乗客が集中しているのである。

7:15 (22)始発各停新宿行発。

確実にホームに入る通勤客の数が増えてきた。

7:15 (19)新宿方面から大宮終着電車が到着。かなりの乗客が降車。20人か30人降車(10の桁を忘れてしまった)。この電車は7:29始発であり整列乗車を実施している。7:16ドアが開いたがその時点では全員着席できた。

7:19 (20)各駅停車新宿行着。9人降車7人乗車。混んでいないで到着し、ドア前3人立っている程度で発車。南与野で後発の通勤快速に抜かれるとのこと。

この混雑の違いは何?

大宮到着時でも通勤快速と各駅停車との降車数が全然違う。

乗客数が増えてきたがそれ以上に超幅広ホームなため、ラッシュ時でも充分余裕を感じさせられる。

観察中にゴミ箱からゴミを取り出す人が!2人目である。一旦捨てたゴミをまた取り出すのは良くないのでやめてほしい。

7:25 (20)通勤快速新木場行着。21人降車34人乗車。満員に近い状態で到着し満員で発車。他のドアはかなり混雑。

7:29 (22)新宿方面から大宮終着電車到着。降車が多い。

7:29 (19)始発各停新木場行発。車両平均してドア前4~8人程度立っていてロングシート前に人が埋まっている。

7:33 (21)下り川越行着。降車多数乗車多数。乗車はドアあたり20人くらいいるだろう。混雑感ありで発車。車両によっては混雑していない。

下りも意外と乗車して到着。これは大宮駅自身が職場になっており、また大宮から乗り換える人も多いのだろう。

7:35 (20)各駅停車新木場行着。18人降車18人乗車。混雑感ありで発車。

7:40 通勤快速を待つ列の塊が大きくなってきた。

7:41 (20)通勤快速新木場行着。27人降車32人位乗車。到着時発車時ともに満員。

7:44 (22)始発各停新木場行発車。混んでいない。

7:47 下り川越行きを並ぶ乗客がたくさんいる光景を撮影したつもりであったがうまく伝わらないだろう。

KIMG3635

7:48 (21)下り川越行着。混雑して到着。30人位降車と乗車があった模様。混雑して発車。

7:50 (20)各駅停車新木場行着。11人降車21人乗車。ドア前10人位立って発車。混雑感あり。

各敵停車は混雑していないのである。また、大宮発車時点では1~3号車への偏った乗車は見られない。

7:56 (20)通勤快速新宿行着。36人降車39人乗車。満員で到着し満員で発車。

通勤快速だけ満員で各駅停車は混雑感あり程度ってナンデダヨ! ゆっくり行こうよ、みんな。

8:01 (19)始発各停新宿行発。ドア前8人位立っている状態。もっと多いドアもあり。

始発でも混雑している車両もある状態で発車とはラッシュピークなのである。

8:05 (20)各駅停車新宿行着。18人降車5人乗車。混雑感ありで到着。発車時さらにすいた。

8:11 (19)新宿方面から大宮終着電車が到着。整列乗車するとのこと。

8:11 (20)通勤快速新木場行着。44人降車37人乗車。満員で到着し満員で発車。車両によっては満員までいかないドアもあり。

8:14 (22)始発各停新木場行発。すいている。

8:21 (19)始発各停新木場行発。ドア前4人程度で発車。

8:21 (21)下り川越行着。かなり混雑して到着しかなり混雑して発車している模様。しかしドア位置によっては混雑すらしていないところも。車両位置でのばらつきが大きいのである。

KIMG3636

8:25 (19)新宿方面から大宮終着電車到着。これはすいて到着。21人降車。これは整列乗車無し。到着時で乗車した人たちは7人掛けロングシート3人程度であるので必要がないからである。

8:27 (20)通勤快速新宿行着。21人降車26人乗車。かなり混雑で発車。1号車付近はすいている。

1本前の通勤快速よりすいてきた。ラッシュ最ピークが過ぎたのだろう。

次の8:34始発各駅停車新宿行きに乗って赤羽まで行くことにした。

8:34 (19)始発各停新宿行き発。ドア前6人立っている状態で発車。


大宮観察して良かった!観察しないと実態がわからなかったからである。


<3>大宮から新宿までの到達時間の差

極度に混雑が集中する通勤快速がどれだけ速く到達しているのか、各駅停車と比較してみる。

まず、通勤快速を見てみよう。

大宮6:42発 新宿7:17着。 35分
大宮6:59発 新宿7:32着。 33分
大宮7:11発 新宿7:43着。 32分
大宮7:26発 新宿7:59着。 33分
大宮7:43発 新宿8:15着。 32分
大宮7:58発 新宿8:30着。 32分
大宮8:12発 新宿8:43着。 31分
大宮8:28発 新宿9:00着。 32分

おおよそ32分から33分程度といえる。

次に、各駅停車を見てみよう。

大宮6:43発 新宿7:27着。 44分
大宮6:52発 新宿7:40着。 48分
大宮7:01発 新宿7:49着。 48分
大宮7:07発 新宿7:56着。 49分
大宮7:15発 新宿8:02着。 47分
大宮7:21発 新宿8:09着。 47分
大宮7:29発 新宿8:13着。 44分
大宮7:36発 新宿8:23着。 47分

おおよそ47分から48分程度といえる。

参考までに、日中はもっと短く40分程度(通過待ちするものでも43分程度)である。

通勤快速と各駅停車ではおおよそ15分の差である。15分多くかかっても着席して通勤するか、大宮から満員の通勤快速で速く行くかの選択である。



◆まとめ

(1)通勤快速は到着時もかなり混雑~満員となっており、発車時もかなり混雑~満員であった。

(2)一方、各駅停車は混雑していない~混雑感あり程度であった。大宮発車時点では通勤快速に極端に偏った混雑が見られた。

(3)下り川越行きも一定のボリュームのある乗車が見られた。発車時混雑している車両も見られた。単線区間に入るため本数が限られているからでもある。



※ 次回は朝ラッシュ時に埼京線各駅停車で大宮から赤羽まで乗車記録です。なんと大宮発車時点で混雑していなかった各駅停車にも意外な結果が!これも埼京線を知るうえで必見です。お楽しみに!

※ 観察年月日 2016年12月21日



(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
ⓒCopyright SHINO all rights reserved.