四条烏丸にある「ホテルユニゾ京都四条烏丸」に宿泊してきました。ユニゾグループは初体験である。それでは紹介します。


<1>「やよい亭」で夕食を取る

烏丸駅を降り、ホテルへ向かって大通りを歩く。

19:45 定食チェーン店「やよい亭」を見つけたので早速入った。

ステーキなのにお手頃価格!

KIMG1481s

ホットコーヒーを付けるならプラス100円、ソフトドリンクでもプラス150円とこれもお手頃価格。

KIMG1482s

実際にでてきた料理。やはりステーキがポイント高い。

KIMG1484s

ステーキ、コロッケ、チキン、エビフライ、味噌汁と十六穀米で860円と良心的すぎる(なお、十六穀米に変更する場合はお替りができないことになっている)。ここは繁華街なのだから1000円とってもいいのではないか?

KIMG1483s


<2>受付へ

20:18 ユニゾホテル入り口到着。

KIMG1485s

玄関入り口までの通路の造りが整っていて期待を膨らませてくれる。

KIMG1486s

デザインいいね!

KIMG1487s

20:19 チェックイン。

素泊まりプラン・シングル1名で7740円であった。

ロビーも京風であり綺麗である(撮影許可とりました)。

KIMG1505s


<3>部屋に入る

ドアを開けた光景である。

KIMG1488s

スリッパ、荷物置きである。

KIMG1489s

デスク周辺である。奥行きが広くて使いやすそう。

KIMG1490s

デスクの奥には、和風の照明が設置されている。こういうちょっとした工夫しているのが好きである。

KIMG1491s

ベット脇のミニデスクである。置き場も広めでありいい感じ。

KIMG1492s

ワッフル風のパジャマである。

KIMG1494s

ベット頭上には、京都の風景写真が飾られている。

KIMG1495s

落ち着いた色の円形のテーブルと椅子が用意されている。通常のビジネスホテルではほとんど見られないものが用意されていると贅沢感があって楽しさが増すのである。
KIMG1493s

マルチタイプの充電器が常備されている。私はカバンの中にいつも充電器は入れてあるが、それでも常備されているのは便利である。

KIMG1498s

ドリップ式のコーヒーまで用意されている。しかもすべて2人分~。

KIMG1497s

洗面所を覗く。

KIMG1499s

シャンプー、リンス、ボディソープは詰め替え式の大型のものだけではなく、携帯用の小型がしかも2セット用意されている。なぜだかわからない。しかし携帯用は持ち帰って家で使用することができるので節約になる。ありがたい。

KIMG1501s

液体石鹸が置いてあるにもかかわらず、固形石鹸もあった。これも持ち帰って節約しよう。いいね!

KIMG1500s

さらに、アメニティの量はハンパじゃないことが判明した。

洗面所にあった箱の中には、入浴剤、ボディケアクリーム、口臭ウオッシュ(口の中をゆすぐもの)、使い捨てスポンジ、毛並みが凹凸ある歯ブラシなどが入っていた。

KIMG1502s


KIMG1503s

2個ずつある。必要なものは持ち帰る!お得感がある。

テレビのモニタを見る。

部屋に入る前から全国各地のユニゾホテルの紹介映像が流れていた。その土地の観光場所・街の映像が流れ、その右下にホテル名が移されていた。これらのユニゾホテルはこれから開業するものが多かった。すなわち、ユニゾホテルグループは急成長するのである。

KIMG1496s

ベットに寝転びながら、4泊目だなとしみじみと思った。翌日はとうとう最終日となるのである。

翌朝、予定時刻に起きることができなかった。本当はもっと早い時間に起床するつもりであったが、体が疲れていて起きるのに時間がかかってしまった。そのため、京都からJR西日本で新大阪に行く予定であったが、急遽阪急京都線に再び乗ることに切り替えた。

朝食会場はタリーズコーヒーである。このように飲食店とタッグを組むのは自前で食事を用意する苦労が省けるため賢いと思う。

KIMG1506s

私は朝食をとらないコースである。皆さんに紹介できずに申し訳ない。読者の方々には実際に宿泊して体験してほしい。

7:33 満足しながら部屋を出てチェックアウトした。

(参考)ホテルユニゾ京都四条烏丸の公式ホームページ
http://www.unizo-hotel.co.jp/kyoto.s/


◆まとめ

(1)「ホテルユニゾ京都四条烏丸」は、アメニティが非常に豊富であるのが嬉しい。またところどころに贅沢感のある部屋であった。

(2)ユニゾホテルグループは今後急拡大していく予定である。ワンランク上のビジネスホテルが広がることは楽しみである。



※ 次回は、阪急京都線・朝ラッシュ時快速急行で梅田までの乗車体験報告です。

※ 宿泊年月日 2017年7月27日から1泊

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
ⓒCopyright SHINO all rights reserved.