巴工業は、株主優待好きであれば年に1回ワインが届く会社でわりと有名である。私は株価が割安でもあるため株を購入していた。株主総会があるとのことで参加してみました。それでは紹介します。


<1>会場へ

9:00 品川駅高輪口を出る。以下写真の中央部分にあるどでかい建物の1階が株主総会会場である。

KIMG2386s

10時が開会であるが、早く着いてしまったので入場できるかわからないけれどとりあえず会場まで行くことにした。

会場に着くまですでに3か所でスタッフが看板を持って立っていた。早いな。

9:05 入り口に着いた。どでかい看板が立っていた。

KIMG2392s

中に入ったらたくさんの職員の方々からお出迎えのあいさつを受けた。まだ9:05なのにもう受付開始しているんだ。

議決権行使書用紙と引き換えに入場票を受け取った。

KIMG2393s

会場に入るドアの前で、伊藤園の紙パックお茶をいただいた。

KIMG2394s

10時の開会前は、巴工業のプロモーション動画が流されていた。

これはいい! パンフレットとかあまり読まないけれども動画だと目と耳で入ってくるからよくわかるのである。早めに到着して動画を見るのがおすすめである。


<2>株主総会開始


10:00 社長が議事進行した。報告事項の説明をした。国内の伸びはあまり見込めず、海外戦略が成長に重要との話もあった。

10:26 質疑応答タイムに入る。

8名の人が質問した。質問に対して原則社長は答えず回答は取締役に振っていた。この内容については次の章で取り上げる。

11:00 質問がなくなる。議案の採決へとうつった。拍手で承認された。
11:02 新取締役1名があいさつした。
11:03 すべて終了となった。

入場票を返却して退出となった。

あれ? 総会土産のワインはないんだっけ?
 ネットで調べたところ2015年の総会ではワインがあったのだが。なくなったのであろう。

まあ確かにワインを準備する手間を考えたら無くてもいいよね。土産が無いなら株主総会招集ご通知の最後のページのご案内図のところに「土産はありません」と書いておくといいのに。私はそれが目当てではないけれどね。


<3>質疑の内容

8個の質問が出た。以下要旨である。「Q」は質問者(株主)、「A」は回答者(取締役)、「私」は私のつぶやきである。

(1人目)
Q「働き方改革が話題になっている。副業に対する考え方は?」
A「当社は副業禁止をいたしております。旧来的な部分も持っておりますので」

私「質問者は副業させないほうがいいと言いたいのか?副業するしないを知って何を得たいのかがわからない」

(2人目)
Q「株価について2300円台のときもあったが今は2000円ちょっとである。業績が回復しているが市場の関心が低いと思われるが」
A「株価は様々な要因で動く。経営基盤強化・業績向上に努めてまいります。一般消費財ではないので知名度がなかなか上がらない。」

私「質問者は経営者に対して何をしてほしいのかをはっきり伝えてほしい。」

(3人目)
Q「工場が神奈川県に2か所ある。文化・スポーツ等地域に貢献しているのかどうか?もししていなければ今後やるつもりはあるのか?」
A「大和市の工場ではテニスコートは地域の皆様に申し出があれば開放している(など積極的ではないが少々地域貢献している)」

私「地域貢献などする必要ないと思うが? 会社は雇用して利益を出して法人税を払えば充分立派な地域への貢献だと思うが? むしろ下手に地域貢献するくらいなら専門分野に注力したほうがいいのでは。」

(4人目)
Q「監査等委員会に変わってどのように変わったのか?」
A「(私は内容を聞いていませんでした)」

私「質問者はそんなこと知りたいのか?私はどうでもいいのだが。」

(5人目)
Q「遠心分離機は国内国外の競合他社というのはどういうものか?」
A「遠心分離機といっても用途によって色々な分野のものがある。例えば石川島播磨があるが一部門である。市場ごとに数社ある。海外メーカーも国内に入ってくる」

私「やっといい質問が出た。回答者は競合他社との比率等もう少し具体的に話してほしかった。」

(6人目)
Q「剰余金の処分について。別途積立金9億円は配当の2倍もある。本当に備える必要はあるのか?必要なければ配当を増やしてほしい」
A「この9億円はどこから来たかというと利益剰余金を振り分けただけ(※)。永続的に成長して収益を拡大するためには様々な新商品開発・海外投資に充てなくてはならず内部留保は必要である」(※正確ではないかもしれない)

(7人目)
Q「私は昭和23年生まれ。東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・愛知・福岡の7都府県では発展しているが他の地方では衰退している。こういうことはまずい!この7都府県以外に工場をつくるなどしてほしいがその考えはあるか」
A「ご意見をいただきました。それではほかに質問ありますか?」

私「あれ、ご意見をいただきましただけで質問に答えないとは。私としては過密過疎問題をこの一企業が取り組むことはなくてもいいと思うけどね。」

(8人目)
Q「国内と国外との売上比率について、これをどんな状況にもっていこうとするのか?」
A「海外比率は21%。」

私「あれ?どんな状況にもっていこうとする(例えば海外比率を5年で50%とか)というところを回答者は答えていないが?報告の中では社長が海外戦略を強めることは言ってはいたとはいえ。」


以上でした。

(※)上記文章にて正確性に欠けるところがあったら修正します。


◆まとめ

(1)株主総会開始の1時間前でも入場可能であった。プロモーション動画はこの会社の内容が良く理解できるので早めに来ることをお勧めする。

(2)入室時に伊藤園の紙パックお茶がもらえた。そのほかに総会土産は無かった。2015年はワインがもらえたとの情報があるが、特に土産は無くてよい。そのかわりご案内図のところに「土産はありません」と一言書くと親切であろう。



※ 参加年月日 2018年1月30日

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
ⓒCopyright SHINO all rights reserved.