常磐快速線は、他のグリーン車が連結している東海道・横須賀・総武快速・宇都宮・高崎線と違って全編成にグリーン車が連結されていないのが特徴である。常磐快速線は、取手から先に行く電車のみにグリーン車が連結されており、その本数は(取手までの区間では)おおよそ半数である。

半数のみのため、グリーン車の混雑が激しいのでしょうか?それともちょうどいいのでしょうか? もし取手までの利用者がかなり多くて混雑が酷ければ取手以北まで運用しない電車にもグリーン車を連結したほうがいいということにもなる。

夕方ラッシュピーク時のグリーン車で乗降数を数えてきましたので紹介します。

KIMG2289s


<0>乗車電車の概要

(乗車電車) 品川始発・勝田行き(土浦まで15両編成)
(乗車区間) 品川(18:24発)から土浦(19:48着)まで
(乗車位置) 5号車1階席の最後尾(座席数34席)



<1>品川駅の常磐線方面ホームにて

品川駅にて東京・上野方面の表示を撮影。常磐線の存在感はけっこう大きい。

KIMG2281s

17:54 9・10番線ホーム着。幅の広いホームである。

KIMG2282s

18:08発予定の始発・取手行きへ乗客が次々に乗車してくる。常磐線が品川まで直通したことによって常磐線利用者はたいへん便利になっているということを思った。

KIMG2285s

17:58 Suicaにグリーン情報を書き込んだ。

KIMG2286s

交通系ICカードでも使えないカードがあるのか?すべて使えるようにすればいいのではないか?

KIMG2288s

お隣の9番線は常磐線特急専用ホームとなっている。30分に1本の発車であり余裕の使い方である。常磐線特急は18時~22時台にはこの他に上野始発が1時間に1本加わる。

KIMG2287s

18:06 15両編成の普通車座席はすでに埋まってしまった。

KIMG2291s

次の勝田行きに座るために待つ人も発生。

KIMG2293s

18:08 10番線から取手行き(15両)が発車。普通車は座席が埋まり立っている人がドア当たり0~4人程度である。

18:10 折り返し勝田行き(15両)が到着である。私が乗車する電車である。車内清掃をする。

KIMG2294s

18:15 9番線から特急「ときわ75号」高萩行きが発車。

18:16 グリーン車にも人が並び始めた。最後部座席を確保したい私はあわてて並んだ。

KIMG2296s

グリーン車である5号車2番ドアに6人、1番ドアに5人、4号車2番ドアに3人が並んでいた。4号車1番ドアであるが階段があって私の並んでいる場所からよく見えない。

18:18 車内清掃終了、ドア開く。

私の前に並んでいた4人のうち3人が2階席に上がった。最後尾の座席をとれないと思い私は1階席にした。

KIMG2297s



<2>品川(18:24)から取手(19:19)まで

18:24 品川発 6人乗車。(計6人)

品川発車時点で普通車の座席が埋まってしまうということは、上野東京間が開通して常磐線を直通させた意味があるのである。

私は上野東京間を開通させても常磐線は特急以外は上野発着にすべきと考えていた。というのは、東海道本線と宇都宮・高崎線とだけを直通させるのが運用上合理的だからである。常磐線を品川まで乗り入れさせると上野品川間を往復するだけで30分はかかるため運用数が増えざるを得ないのである。しかし常磐線利用者にとっては品川乗り入れは便利なのは確かであり、そういう側面は認めざるを得ないのである。

18:29 新橋着。5人乗車。(計11人)
18:32 東京着。8人乗車。(計19人)

東京発車時点で乗車率は半数を超えた。

18:38 上野着。9人乗車。(計28人)

上野東京ラインができても上野駅の底力はある。

そういえばまだ大量乗車が予想される駅があった。それは日暮里である。普通車では新宿・池袋方面からの乗車が多い駅である。果たして?

KIMG2298s

18:42 日暮里着。3人乗車。(計31人)

日暮里は普通車では着席が不可能であるがグリーン料金を支払えば着席できる駅である。しかし思ったほど多くはなかった。

18:45 三河島着。乗降なし。
18:49 南千住着。乗降なし。


次は北千住である。北千住は東武線、つくばエクスプレス、東京メトロ千代田線・日比谷線と交わる交通結節点である。

18:51 北千住着。2人乗車。(計33人)

残り1席となった。乗車率いいね。この北千住・松戸間が最大乗車数となった。

KIMG2299s

19:00 松戸着。3人降車。(計30人)
19:09 柏着。4人降車。(計26人)


普通車では松戸と柏は2大降車駅であることは過去の調査でわかっている。しかしグリーン車は中長距離的利用の比率が高いため、大量降車にはならないのである。

19:12 我孫子着。3人降車。(計23人)

まだ23人も残っている。意外と降りないな。

19:16 天王台着。1人降車。(計22人)
19:19 取手着。4人降車。(計18人)


最大33席埋まったが、取手までで15人が降車した。半数超が乗車して交流区間へ入っていくのである。意外と取手以降へ行く人が多いのである。


<4>取手(19:19)から土浦(19:48)まで

19:24 藤代着。乗降なし。

品川を発車してからちょうど1時間が経過した。結構な距離なのであり、快適座席であるグリーン車は魅力的である。

19:27 佐貫着。6人降車。(計12人)

赤ランプが一気に増えた印象である。

特急列車通過待ちのため3分ほど停車するとのこと。

19:35 牛久着。4人降車。(計8人)
19:39 ひたち野うしく着。乗降なし。
19:42 荒川沖着。乗降なし。

KIMG2300s

19:48 土浦着。私含んで2人降車。(計6人)。


KIMG2302s

意外と土浦以北まで行く人多いんだあ、と思っていた。土浦から前5両が切り離されるため停車している間に他のグリーン空間に何人いるか数えてみた。

5号車2階席(2人/36席中)、5号車平屋(1人/12席中、0人/8席中)。
4号車2階席(2人/36席中)、4号車平屋(1人/12席中、1人/12席中)、4号車1階席(3人/34席中)

という結果であった。4・5号車全体で、16人/180席である。

私が乗車していた5号車1階席6人というのはたまたま多かったことになる。



KIMG2304s


◆まとめ

(1)乗車数は、品川6、新橋5、東京8、上野9、日暮里3である。北千住発車時点で34座席中残席1人まで迫った。グリーン車の利用は好調であった。
(2)降車数は、松戸3、柏4、我孫子3、取手4、佐貫6、牛久4である。北千住発車時点で33人乗車していたが、取手までで15人が降車しており、取手から先は18人と半数以上が残っていた。取手から先の需要はそこそこあるといってよいのではないか。
(3)土浦から先へグリーン車に乗車している人は、4・5号車全体で180席中16人であった。土浦までが主といってよいのではないか。


※ 乗車年月日 2018年1月29日

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
ⓒCopyright SHINO all rights reserved.