日曜日の日中に高崎線グリーン車に乗車してきました。グリーン車の利用実態調査であるが、同時に新幹線に縁のない深谷・本庄両駅の利用実態についても考えていきたい。それでは紹介します。


<0>乗車電車の概要


(乗車電車)   高崎線普通・前橋行き (熱海始発・15両編成)
(乗車区間)   東京(15:39)から高崎(17:31)まで
(乗車位置)   4号車2階席エリア (エリア定員36席)
(グリーン料金) 780円(土休日・事前購入の場合)(101.4km)


※ 土休日のグリーン料金は平日よりも200円安い。

KIMG2405s


<1>東京駅ホームにてグリーン車を待つ列


15:30 東京駅7・8番線到着。

日中の7・8番線ホームではすべて7番線から発車するようである。

KIMG2399s

15:31 3台あるSuicaグリーン券売機にグリーン情報を書き込む。

KIMG2400s

日曜日の日中なのでグリーン車にはあまり乗らないだろう、と高をくくっていたのであるが、結構人が並び始めてきた。

KIMG2402s

別のドアでも。

KIMG2404s

15:38 前橋行き到着。グリーン車にたくさんの乗客が入っていった。

KIMG2405s


<2>東京から高崎まで(15:39~17:31)

15:39 東京発。降車わずか乗車多い(計26人)


2階席には定員36席中26人が座っていた。ちなみに1階席は半数よりも少なかった。日中でもこれだけの利用があるというのは効率良いのではないか。

休日料金を平日より200円引きとしているのもお得感を持たせてくれるのかもしれない。絶妙な料金設定である。

ここから約2時間近くの旅である。

15:43 上野着。3人降車8人乗車(計31人)


残席があと5まで迫った。

KIMG2406s

この間に尾久にも停車しているが全く気付かず記憶にない。

15:56 赤羽着。6人降車3人乗車。(計28人)
16:03 浦和着。降車なし2人乗車。(計30人)
16:10 大宮着。3人降車1人乗車。(計28人)


さて、大宮以遠に行くこの28人は一体どの駅で降車するのだろうか? 高崎線では鴻巣までの駅が連続してわりと乗降者数でボリュームのある駅である。

16:13 アテンダントが通路を通過。みんな事前購入のため検札業務がすごく楽である。ICカードを頭上にタッチというのはすばらしいシステムである。

16:15 宮原着。乗降なし。
16:19 上尾着。4人降車1人乗車。(計25人)
16:22 北上尾着。2人降車。(計23人)
16:24 桶川着。3人降車。(計20人)


KIMG2407s

16:29 北本着。2人降車(計18人)

ここで乗車率はぴったり50%となった。

16:32 鴻巣着。乗降なし。


鴻巣まで東京から53分かかっている。高崎まではあと1時間とまだまだある。

16:37 北鴻巣着。2人降車。(計16人)
16:40 吹上着。乗降なし。
16:44 行田着。乗降なし。
16:48 熊谷着。2人降車。(計14人)
16:55 籠原着。4人降車。(計10人)


籠原駅で前5両の普通車が切り離され、後ろ基本編成10両のみの運転となる。

17:00 籠原発。
17:03 深谷着。乗降なし。

KIMG2408s

17:08 岡部着。1人降車。(計9人)
17:12 本庄着。乗降なし。

たまたまかもしれないが今回は深谷・本庄両駅での降車はなかった。高崎駅であれば新幹線を選択できるが、これらの両駅では都心部との距離は長いにもかかわらず、日中の上野・東京とのアクセスは普通電車しか選択できない(※)。時間短縮にはならないがグリーン車という快適な座席提供があるのがやや救いではある。

なお在来線特急では、草津温泉の最寄り駅まで行く特急「草津」定期便は1日2往復のみである。しかもその2往復も深谷・本庄には停車しない。停車させれば便利だと思うのであるが草津温泉・中之条などの吾妻線地区へのアクセスが主目的なので迷うところかもしれない。そもそも本数自体が少ないが。

(※ 新宿経由の特別快速は日中1時間に1本設定されている)

17:17 神保原着。乗降なし。
17:21 新町着。1人降車(計8人)。

17:27 倉賀野着。1人降車(計7人)。

次の高崎駅での乗換案内放送では、たくさんの路線名を放送していた。高崎駅は群馬県の中心地であり、各地域との交通結節点なのである。

17:31 高崎着。6人降車(計1人)。


KIMG2417s

この電車は高崎駅で14分も停車する。隣に停車している両毛線小山行き(6両)の方が先に発車するとのこと。それならこの電車を前橋まで走らせる意味は何?って思ってしまった。

KIMG2419s



◆まとめ

(1)日曜日の日中高崎線普通電車グリーン車は、4号車2階席にて上野発車時点で31席まで埋まった。休日でも乗車率が良好といえるであろう。
(2)土休日は平日の200円引きというのはお得感があり、絶妙な料金設定だと思う。
(3)大宮発車時点で36席中28人が乗車しており、鴻巣までで10人が降車し、籠原までで8人が降車し、籠原以遠は10人が乗車という結果であった。



※ 乗車年月日 2018年2月4日(日)

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます

©Copyright SHINO all rights reserved.