久しぶりに珈琲館に入ってお気に入りの「炭火珈琲」を飲んできました。そしてミスタードーナツの「ミスドブレンドコーヒー」と比較してみましたので紹介します。


<1>珈琲館で「炭火珈琲」を飲む

11時すぎに珈琲館イオンモール津田沼店に入った。

珈琲館では、炭火珈琲を先頭に陰干し珈琲と完熟珈琲の3種類をメインに売り出している。

KIMG2503s

1杯510円(税込)と値段は高めであるがそれだけ中身が良いということであろう。私は迷うことなく「炭火珈琲」を頼んだ。

KIMG2502s

来ました。

KIMG2504s

飲んだ!

なんだろうねこの違い。

私は味覚はわからないほうであるが、この炭火珈琲だけは美味しいのはわかる。クリーム入れなくてもグイグイ飲める。

さて、珈琲館では「コーヒー2杯目半額」というサービスがある。

KIMG2505s

しかも2杯目はどの種類でも良いとのこと。

2杯目半額といっても、計算すればわかるが1杯あたり25%安くなるということである。ミスタードーナツのホットコーヒーでは税込270円でおかわり無料なので珈琲館の珈琲は高めである。

2杯目なので別の種類を楽しもうかと1%くらい迷ったが、やはり同じ「炭火珈琲」にした。

2杯目到着。

KIMG2506s

飲んだ。やっぱりうまい。2杯飲むと満足感があるわ。

(※100円増しで2杯分の量である「デキャンタ」サービスをおこなっている店もあるようだ。2杯目半額よりもさらにお得である。)


<2>ミスドのブレンドコーヒーも奮闘

実はミスタードーナツの「ミスドブレンドコーヒー」(税込270円)も奮闘している。

このコーヒーもけっこう美味しいのである。ブラックで飲んでもいける。私でも美味しさがわかるのだからたいしたものである。


赤い器の大きなマグカップにたっぷりよそられ、しかもこのブレンドコーヒーはおかわり無料である。コスパが良く、珈琲館に負けていないのである。


(参考)
・珈琲館公式サイト「珈琲館のこだわり・豆のご紹介」
http://www.kohikan.jp/about/index.html
・ミスド公式サイトの「コーヒーへのこだわり」ページ
www.misterdonut.jp/m_menu/wbcfd/coffee.html



◆まとめ

(1)珈琲館の「炭火珈琲」(税込510円)は味覚がわからないほうである私でも美味しいとわかる。
(2)珈琲館のコーヒーは2杯目はどの種類を選んでも半額である。
(3)ミスドの「ミスドブレンドコーヒー」(税込270円)も美味しい。量が多く、しかもおかわり無料であるにもかかわらずである。コスパ良いのである。



※ 体験年月 2018年2月

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
©Copyright SHINO all rights reserved.