養命酒製造から株主優待が到着した。養命酒製造は「養命酒」が主力商品の会社である。それでは紹介します。

<1>中身


今回の優待は9月末日の権利であり、1500円相当の自社製品である。12/7に酒類のコース選択したハガキを郵送して今回の到着となった。

開封した。まず全体像である。


KIMG2513s

手紙が入っていた。「当社は近年「養命酒」以外にも様々な商品を販売しています」とのことである。

KIMG2514s

オリジナルバッジが入っていた。


KIMG2517s

中身であるが、上段は「グミ」と「高麗人参黒酢」そして「うるる酢」であった。これらは私の中ではおまけ的な存在である。

KIMG2516s

そして下段は、3種類のお酒(各200ml)であった。これらが優待品のメインとなる商品である。


KIMG2515s

「養命酒」ではなく、「高麗人参」、「ハーブ」、「生姜」が配合されているお酒である。面白いではないか。

「高麗人参酒」から飲むことにした。アルコールは15%と高い。飲んでみた!


KIMG2518s

「養命酒」と同じ味と感じた。


<2>養命酒製造は売上・収益を回復できるのか?

養命酒製造では、2017年度では売り上げ・収益ともに大きく落ちている。主力商品である「養命酒」の売り上げが大きく落ちたためである。そのためか、近年養命酒以外にも様々な商品を製造している。

この会社は現時点では盤石な財務であるが、今後収益減が続くとどうなるかわからない。ということで私は現在株を売却している。

取り扱っている商品は「お酒+健康」という独自の立ち位置にあり売り上げ回復ということも考えらえるし、そうならないかもしれない。


私は養命酒を1本だけ試して飲み続けたことがある。あくまでも個人的な感想であるが、即効性というものはないのでまた買おうとは思わなかった。ただ、一定数のコアなファンを獲得できればいけるのかもしれない。



※ 優待受取日 2018年2月10日

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
©Copyright SHINO all rights reserved.