「いきなりステーキ」について今回が6回目となる。今回挑戦したのは「追加トッピングを全部頼んでみたらどうか?」である。それでは紹介します。

<1>レジにて注文


イオンモール津田沼店である。津田沼店は今回で2回目である。

さっそくレジにて「ワイルドステーキ450g」に、追加トッピング全部のせを頼んだ。全部乗せと言ってもコーンはもともと付いているので4種類追加で5種類全てがのるのである。

レジの人は裏で調理している人に「できますか?」と聞いていた。おそらくこのような注文をする人は非常に少ないのであろう。トッピング全部のせできるという返事であった。

料金は、ランチタイムのため、ライス、スモールサラダ、スモールスープ付きで1850円とトッピング400円で税抜き2250円であり、8%消費税を加えて税込2430円であった。


KIMG2519s

ステーキができあがるのを待つため着席した。

うーん、フードコートとは思えない価格である。。「いきなりステーキ」は、フードコートでこの価格帯の商品が売れるわけがないという常識を打ち破ったのである。


KIMG2498s

できあがりのブザーが鳴ったので取りに行った。


<2>トッピング全部のせ登場

全体像である。「いきなりステーキ」では肉以外は決して自己主張しない脇役であるのだが、さすがにトッピングが5種類並ぶとトッピングの存在感もそれなりにでてきている。


KIMG2499s

ズームインして撮影。5種類のトッピングが所狭しと配置されている。ワイルドステーキが450gもあるのでこのように配置するしかないのである。今回の発注は料理人さんを面倒なことにさせてしまったのである。反省。


KIMG2500s

食べてみた! 肉の量も多いので、量としてはトッピングが多すぎたということはなくペロリと食べられた。


◆教訓

(1)ステーキ450gにトッピングを全種類頼むと、トッピングを配置する場所に困らせてしまう。せいぜい2種類追加程度にしたほうがいいことがわかった。


※ 食事年月日 2018年2月5日

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
©Copyright SHINO all rights reserved.