青梅線・中央快速線の朝ラッシュ時に快速に乗車してきました。青梅線の混雑状況、そして立川・三鷹間の混雑状況についてお伝えします。


<0>概要

(乗車電車) 快速・東京行き(10両編成)※
(乗車区間) 青梅(6:23)から三鷹(7:17)まで
(乗車位置) 3号車1番ドア 


※ 前6両が青梅始発・後4両が奥多摩始発である。
※ 新宿到着時刻は7:35、終点東京到着時刻は7:50である。


<1>青梅駅にて(6:01~6:23)

ゲストハウスを出て青梅駅に向かう。

KIMG2667s

6:00 青梅駅改札口に到着。

数人が改札口の駅員のところに並んでいた。なんだ?

KIMG2668s

「ライナー券の発売箇所は改札口です」の表示が。

KIMG2669s

6:16発の「青梅ライナー」の座席を求めてである。青梅駅では自動券売機がなく駅員が対応しているのである。利用者が少ないため自動券売機を設置する費用がもったいないのだろう。

6:04 「青梅ライナー」(E257系・9両編成)が立川方面から入線。

KIMG2671s

KIMG2675s

7号車のドアのみ開けてあり、そこには駅員が立っている。この駅員は検札しているのか単に案内しているのかは不明である。

KIMG2677s

しかし、7号車以外の座席にも人が座っている。4号車には4人着席、5号車にはいないが、6号車3人着席、7号車7人、8号車2人、9号車1人程度であった。他の号車も選択できるのであれば7号車のみドアを開けなくても良いのではないか?

6:16 「青梅ライナー」発車。

さて、私が乗車する電車は6:23発快速東京行きであるが、青梅で連結する6両編成の回送の動きをまとめたので紹介します。

6:15 1番線に6両編成の回送電車が到着。
6:18 この回送が発車して東青梅方面へ移動。なお東青梅側の踏切をまたぎる。
6:19 2番線に奥多摩方面から4両編成の快速・東京行きが到着。到着時、車内は全員着席できるくらいであり混雑していなかった。
6:21 東青梅側からさきほどの6両編成が入線し、4両編成と結合する。

これ面倒すぎだろ!


要するに、6両の回送をいったん1番線に到着させて、東青梅側に引き上げて2番線に入線させて奥多摩方面から来た4両と結合するという大変面倒な作業をしているのである。しかも東青梅側には踏切もあり、青梅・東青梅間は単線なのでダイヤ作成にも支障が出る。

KIMG2679s

6:22 ドアが開いた。
6:23 私は乗車した。


<2>青梅線区間(6:23~6:53)

6:23 青梅発。

3号車全体では、7人掛けロングシートに2~3人、3人掛けロングシートに2人が着席していた。両端に人がいるというイメージである。

6:26 東青梅着。3人乗車。
6:28 河辺着。6人乗車。

いっきにロングシートが埋まった。7人掛けロングシートに6~7人が着席、車両の端にある3人掛けロングシートは全員着席であり、立っている人は2人いた。

6:30 小作着。1人乗車。ドア前3人立。基本座れない。
6:33 羽村着。4人乗車。ドア前4人立。
ロングシート付近にも人が増えていく。
6:36 福生着。4人乗車。ドア前6人立。

比較的乗車数の多い小作・羽村・福生ではもう着席できない。もしグリーン車が連結していれば別途料金はかかるとはいえ着席することができるのである。


6:38 牛浜着。乗降なし。
6:40 拝島着。1人降車3人乗車。

ロングシートには10人位立っているのではないか。ドア付近は7人立っている。

拝島は西武拝島線の始発駅でもある。西武は2018年3月10日より、夕方・夜間帯下り電車において有料座席指定電車「拝島ライナー」のサービスを開始した。まさかの拝島線投入である。将来、朝上りに登場させるかどうかはまだわからないが、もし登場となれば進行方向に着席して通勤できるようになる。利用者の一部が拝島線に流れるかもしれない。

(参考)以下、西武鉄道公式HPの「拝島ライナー」ページへリンク
https://www.seiburailway.jp/express/liner/haijimaliner/about/index.html

6:42 拝島発。ここから立川までも駅が多く時間がかかる。

6:45 昭島着。6人乗車。いっきに車内は混雑感ありへ。

隣のドアを見てみる。すでに混雑している。ロングシートには立っている人でいっぱいとなった。この駅からラッシュ混雑の雰囲気である。

6:47 中神着。ドアは反対側のため不明であるがあまり乗客が増えていない模様。
6:49 東中神着。ドアは反対側であるが少し乗客が増え混雑へ。

隣のドアではかなり混雑の模様。

6:51 西立川着。1人降車8人乗車。車内は満員へ。

おい、まだ朝早い時間だぞ! 混みすぎ!

6:53 立川着。40人位降車8人位乗車。

どっと降りた。大量降車である。ドアが階段付近にあるからかもしれないが。

この降りた人たちは一体どこへ行くのだろうか? 八王子方面?南武線方面?多摩モノレール?それとも立川駅付近が目的地?わからない。


車内はいっきに人がいなくなった。ドア前7人立っている状態である。


<3>立川から三鷹まで(6:54~7:17)

6:54 立川発。中央線と合流する。ドア前7人立っている状態。

八王子方面側と青梅方面側から立川へ流れる利用者比率は6:4まで迫っているという文章を見た記憶がある(情報源確認できず)。要するに、青梅方面からの利用者数もバカにならないということである。

6:57 国立着。3人降車6人乗車。
7:00 西国分寺着。反対側でよく見えなかったが、降車なし11人位乗車の模様。

混雑なし状態が混雑感ありへ。


7:03 国分寺着。反対側でよく見えなかったが、2人降車2人乗車程度か。

(今回私が乗車したドアでは乗車数が少ない印象であったが、国分寺駅は乗車数の多い駅である。私は後日国分寺駅で乗降観察しており、後日報告する予定である。)

7:06 武蔵小金井着。2人降車6人乗車。
混雑へ。
7:09 東小金井着。反対側で見えなかったが、降車もいた模様。ロングシート付近は人でいっぱいになっている。通過待ちである。

7:10 「中央ライナー4号」に追い抜かれた。
7:12 東小金井発。
7:14 武蔵境着。反対側であるが大量に乗車があった。

いっきに満員となった。押し付けられる。

7:17 三鷹着。降車のほうが多く、混雑度が若干減った。私も降車した。所要時間は青梅から54分であった。

KIMG2681s


◆まとめ

(1)青梅発車時点では混雑していない。しかし河辺にて座席がほぼ埋まった。そして利用者の比較的多い小作、羽村、福生では着席できない。もしグリーン車が連結されていればこれらの駅でも着席可能であり便利である。

(2)拝島発車時点ではロングシートエリアには人が多いがドア付近では7人立っている程度であり混雑していない状態であった。しかし立川へ向かうまでにドア付近も混雑が激しくなり西立川で満員となった。立川で大量降車となった。

(3)立川発車時点ではドア前においては7人立っている程度であった。しかし途中駅で乗車数が着実に増加し、武蔵境駅発車時点では満員となった。三鷹駅で若干減った。


※ 次回は三鷹駅での快速の乗降観察です。

※ 乗車年月日 2018年2月27日

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
©Copyright SHINO all rights reserved.