豊橋側からの東海道本線の混雑状況を知るため、刈谷駅で乗降観察してきました。刈谷駅は特別快速において名古屋中心部である金山駅の一つ手前の停車駅である。それでは紹介します。


<0>乗降観察の概要

(観察時間帯) 7:08~8:36
(観察位置)  8両編成では先頭から7番目の車両で2番ドア。


<1>乗降観察


※ (3)は3番線、(4)は4番線を表す。

7:08 特別快速で刈谷駅到着。7:25発から9:23発までは特別快速・快速系がおおよそ10分おきに設定されている。

KIMG3384s

7:12 (3)貨物通過。


名古屋では朝ラッシュ時間帯でも中心部を貨物が走行するのである。しかも複線しかない。これはダイヤ作成上厳しい条件となってくる。

7:15 (4)普通・岐阜行き(6両)発。ドアに平均8人立。


名鉄線が見える。

KIMG3379s

観察位置を決めた。ここに座ることにした。

KIMG3385s

7:22 (4)普通・岐阜行き(6両)着。53人位降車、到着時2人乗車。到着時満員? 

オッ、普通電車なのに人多いぞ! 大量降車である。いったんはドア前1人立つ状態にまで減る。特別快速の接続をとる。

普通電車から特別快速へ乗り換える人たちでホームは人があふれる。

KIMG3387s

うーんこれは。。。

7:24 (3)特別快速・大垣行き着(8両)。20人降車24人乗車。発車時満員。

KIMG3388s

安城と刈谷の間の快速通過駅からの利用が多いのだろう。

7:28 (4)先ほどの普通・岐阜行き発車。ドア前は8人くらいたっている状態へ。

7:33 (3)快速・大垣行き(8両)着。12人降車6人乗車。到着時かなり混雑、発車時混雑~かなり混雑。

これは普通電車の接続待ちがないから満員にはならないのである。

7:42 (4)普通・岐阜行き(6両)着。49人くらい降車、到着時の乗車は3人。

またもやホームに人があふれる。特別快速の接続をとる。

7:45 (3)特別快速・大垣行き(8両)着。24人降車31人乗車。発車時満員に近い~満員。全体的には満員のドアの方が多い。

これ、普通電車からの乗り換えが多いんだな。

7:49 (4)先ほどの普通・岐阜行き発車。ドア前10人くらい立っている。

「ホームは大変混雑いたします。2列に並んでお待ちいただきますようお願いいたします」との放送があった。

7:54 (4)普通・名古屋行き(?両)。34人くらい降車、1人乗車。到着時満員?

快速の接続をとる。

7:55 (3)快速・大垣行き着(8両)。7人降車25人乗車。到着時混雑~かなり混雑、発車時満員。ただし混雑~かなり混雑のドアもあり。

7:59 (4)先ほどの普通・名古屋行きが発車。ドア前10人くらい立っている。

8:05 (4)普通・岐阜行き(4両)着。43人降車1人乗車。到着時満員に近い、いったんドア前3人立っている状態へ。

おお普通電車は早くも4両編成へと減車されている。絶妙のタイミングで車両を減らしているのである。

8:07 (3)特快・大垣行き(8両)着。21人降車19人乗車。発車時満員、ドアによってはかなり混雑も。

KIMG3390s

8:10 (4)先ほどの普通・岐阜行き発車。
8:13 (3)快速・名古屋行き(8両)着。11人降車6人乗車。発車時ドア前10人位立。他のドアでは1~2人程度しか立っていない。

KIMG3391s

313系のドア付近は広くスペースがあるため、10人立っているというのは多めに言っても混雑感あり程度である。普通電車からの接続を受けないと混雑が少ないのである。

8:22 (4)普通・岐阜行き(4両)着。27人降車、到着時1人乗車。到着時かなり混雑であり、いったんドア前1人立っている状態まで減る。

8:24 (3)特快・大垣行き(8両)着。16人降車15人乗車。到着時前方車両は混雑していない。発車時かなり混雑。

次の区間快速は4両編成との表示が! 快速系も8:35発で4両に減車するのである。

KIMG3392s

8:28 (4)普通・岐阜行き(4両)着。発車時ドア前4~6人位立。
8:34 (4)普通・岐阜行き(4両)着。大量降車。

区間快速の接続をとる。

8:36 (3)区間快速・名古屋行き(4両)着。19人降車28人位乗車。かなり混雑。


私はこの区間快速に乗車した。途中大府、共和に下車しながら名古屋まで向かったのである。

大府からは武豊線からの電車が加わる。朝夕時間帯では直通運転を行い、しかも共和・金山間ノンストップにより武豊線沿線利用者へ高い利便性を提供している。しかし逆に言えば短い4両編成の輸送力の低い電車が本線のスジを埋めることにもなるのである。

この後の電車をいくつか観察したが、通過する電車も含めて混雑度が低かった。ラッシュピーク時間帯がすぎたからである。

9:15 取材お疲れさまと言うことで、名古屋駅ホームで名物きしめんを食べるぞ!

KIMG3399s

しまった!

KIMG3400s

食券には「うどんかそば」と書かれていたので、いつものくせで「そば」と頼んでしまったのである! 「うどん」ではなく「きしめん」と書いてあれば気づいたのに! どうして名古屋へ来て「そば」を食べなくてはならないんだ! でもこれは自分が悪いのです。トホホ。


<2>逆方向の状況は?

刈谷駅で逆方向の電車についても、ホームの向かい側で観察できた分だけ記載する。

※ (1)は1番線、(2)は2番線を表す。
※ 向かい側の為混雑状況が正確ではないことをご了承いただきたい。
※ 名古屋方面観察がメインのため一部のみである。

7:19 (1)普通・当駅どまり着。乗っている人多かった。
7:39 (2)新快速・豊橋行き(8両)着。まさかの満員か? 大量降車。発車時は車内は人が多くない。
7:53 (2)新快速・豊橋行き着。かなり混雑している印象。大量降車で発車時ドア前少しに。
8:17 (2)区間快速・豊橋行き(8両?)着。満員に近い状況で到着し大量降車。
8:27 (2)新快速・豊橋行き(8両) 混雑~かなり混雑で到着し大量降車。



すなわち、名古屋側からも刈谷までの乗車が多く、刈谷で大量降車である。名古屋中心部一極という状況ではないのである。


<3>表にしてみた


※ 普通電車は到着時点の時刻・乗降数を記載している(7:15発を除く)。

7:15 (4)普通・岐阜行(6両)発。ドアに平均8人立。
7:22 (4)普通・岐阜行(6両)。53降2乗。到着時満員? 
7:24 (3)特快・大垣行(8両)。20降24乗。発車時満員。
7:33 (3)快速・大垣行(8両)。12降6乗。到着時かなり混雑、発車時混雑~かなり混雑。

7:42 (4)普通・岐阜行(6両)。49降3乗。
7:45 (3)特快・大垣行(8両)。24降31乗。発車時満員に近い~満員。全体的には満員。
7:54 (4)普通・名古屋行(?両)。34降1乗。到着時満員?
7:55 (3)快速・大垣行(8両)。7降25乗。到着時混雑~かなり混雑、発車時満員。ただし混雑~かなり混雑のドアもあり。
8:05 (4)普通・岐阜行(4両)。43降1乗。到着時満員に近い、いったんドア前3人立へ。
8:07 (3)特快・大垣行(8両)。21降19乗。発車時満員、ドアによってはかなり混雑も。
8:13 (3)快速・名古屋行(8両)。11降6乗。発車時ドア前10人位立。
8:22 (4)普通・岐阜行(4両)。27降1乗。到着時かなり混雑であり、いったんドア前1人立まで減る。
8:24 (3)特快・大垣行(8両)。16降15乗。到着時前方車両は混雑していない。発車時かなり混雑。
8:28 (4)普通・岐阜行(4両)。発車時ドア前4~6人位立。
8:34 (4)普通・岐阜行(4両)。大量降車。
8:36 (3)区快・名古屋行(4両)。19降28乗。かなり混雑。


この表よりまとめに入る。


◆まとめ

(1)輸送の主力となる特快・快速では、到着時点では満員~かなり混雑であり大量降車となる。そして大量乗車となる。豊橋側からも混雑が激しいのである。

(2)大量降車があるということは、刈谷は規模の大きい職場集積地である。

(3)普通は、到着時点では満員~満員に近く大量降車である。そしてホームは一時的に人があふれる。
特快・快速は普通電車の接続を受け大量乗車となる現象が起きている。安城・刈谷間の普通電車のみの停車駅からの利用が比較的多いということである。


※ 次回は、名古屋の東海道本線・夕ラッシュ時金山駅での乗降観察です。

※ 乗車年月日 2018年7月20日

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます
©Copyright SHINO all rights reserved.