「ダイワロイネットホテル」は全国に展開しているビジネスホテルチェーン店です。さて、どのようなホテルなのでしょうか。宿泊してきましたので紹介します。


<0>宿泊の概要

(宿泊年月日) 2019年5月26日(日曜日)から1泊
(プラン名)  寛ぎのシンプルステイプラン・素泊まり1名様
(宿泊料金)  4700円



<1>受付まで


姫路駅北口を出ました。姫路でけえ!

KIMG4108s

上の写真からはわかりにくいですが、この幅広い道の先に姫路城が光っています。なんとカッコイイ構図なのでしょうか。

ホテルまで5分歩きます。ホテルの近くにはラーメン屋などもありました。食事には困りません。

ダイワロイネットホテル前到着。大きな建物です!

KIMG4109s

心躍らせながら正面玄関を入ります。

KIMG4110s

入りました。ロビーもおしゃれだわ~。

フロントには4人の男性スタッフが配置されていました。常時4人とは相当規模の大きいホテルです。

ダイワホテル初めてのため、メンバーズカード申込をしました。カードはその場で発行されました。

KIMG4124s

ドリップコーヒーをいただきました。ビター味とマイルド味のどちらが良いかを聞かれマイルド味をもらいました。

KIMG4123s

ツインが空いていたのでアップグレードしましたとのお話を受けました。

3台ある自動精算機で支払います。4700円です。ルームキーと領収書が出てきました。



<2>部屋に入る

ドアを開けました。

ウソだろコレ? 部屋が広すぎで、しかもおしゃれ!

KIMG4114s

風呂はドアがガラス張りになっていて高級シティホテルにありそうな造りです。

KIMG4115s

洗面所も高級シティホテルのデザインです。

KIMG4116s

ポット、グラス、氷入れ容器などです。私はペットボトルを持ち込んでいたためこれらは使いませんでした。

KIMG4117s

ベット2台です。ベットの頭上から間接照明で部屋を照らしています。これがまたおしゃれです。

KIMG4118s

ベットの隣にはゆとりのくつろぎスペースです。しかし私は部屋にいるときはほとんどベットで横になっていますのでソファーに腰掛けることはありませんでした。

KIMG4119s

ベットの横には小物を置くスペースがあって便利です。

KIMG4120s

両側にコンセントとUSB差込口が付いています。

KIMG4122s

フリーWi-Fiがあるのでスマホのツイッターも容量気にせず利用できます。ホテルに来てもツイッターのフォローチェックしてしまいます。

KIMG4125s

感想ですが、センス・機能性ともに素晴らしすぎました。料金安すぎます。ダイワロイネットホテルは他の店舗でもこのようなハイレベルなのでしょうか?

ただ一言だけ。アップグレードしてくださって申し訳ないのですが、宿泊者が一人なのにツインにアップグレードしなくてもよいと思いました。一人ならシングルでも充分ですし、また二人分の掃除したり洗濯したりするのがエコではないからです。

5:55 フロントの人にチェックアウトを伝えたところ、自動精算機をご利用くださいとのことでした。自動精算機にキーを入れてチェックアウトしました。

朝食はバイキングで1300円です。ホームページを見たところ地元の料理もあるそうで絶対美味しいやつです。しかし朝早く出たため今回ご紹介できません。残念です。

KIMG4127s



◆まとめ


(1)「ダイワロイネットホテル姫路」の室内は、風呂ブース・洗面所・間接照明などもあり、デザインが高級シティホテルのようでした。
(2)また機能性も充分であり、これで4700円は安すぎでした。


※ 次回は、JR神戸線朝ラッシュ時新快速(姫路・尼崎間)の乗車報告です。

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます。
©Copyright SHINO all rights reserved.