JR九州の基幹路線である鹿児島本線の小倉・博多間。特急列車は多少知っていたものの一般電車についてはほとんど知りませんでした。さらにどのような車両があり、何両編成で走行しているのでしょうか。そしてどのような通勤混雑なのでしょうか?

まずは朝ラッシュ時の快速に乗車してきました。それでは紹介します。


<0>乗車電車の概要

(乗車年月日) 2019年7月22日(月曜日)
(乗車電車)  快速(9両編成・817系3扉ロングシート※)
(乗車位置)  先頭から7番目の車両の2番ドア

(運行区間)  門司港(6:38発)から荒木(8:57着)まで
(乗車区間)  小倉(6:53発)から吉塚(8:03着)まで


※ 私が乗車した位置での車両形式です。JR九州では別形式の車両と混結して運転していることが多いので全ての車両が817系であったかは未確認です。


<1>小倉駅にて

6:50 小倉駅改札を青春18きっぷで通りました。

KIMG4436s

発車案内表示では、「6:53発・快速荒木行き9両」「6:57発・区間快速大牟田行き9両」と続いています。朝ラッシュ時に博多に到着する電車は9両がメインなのでしょうか?

KIMG4438s

6:52 5・6番線ホームに降りたときに快速・荒木行きが到着。

北九州のターミナル駅である小倉にしては大量降車というほどではないです。まだ朝早いからかもしれません。

この電車(以下写真・817系)に乗ります。JR九州の車両は通勤電車もデザインが洗練されていてかっこいいですね。

KIMG4440s

「快速荒木」と表示されています。

KIMG4441s


<2>前半・小倉から赤間まで(6:53~7:28)

※ 乗降者数は私がいるドアでの数です。

6:53 小倉発。

私が乗車したドアの両横にある10人掛けロングシート(4か所)では着席している人は3人、5人、6人、3人でした。

今回私が乗車した車両ではたまたまロングシートでしたが、この区間を走行する電車は転換クロスシートの割合もけっこう高いです。

(以下写真:今回乗車した車両のロングシート)

KIMG4442s

6:55 すぐに西小倉着。降車なし6人乗車。発車時ドア前2人。しかし空席あり、立っている人全員着席させてもわずかに空席あり。

駅は見た目しょぼい印象ですが、意外と乗る人多いです。

曇った朝ですが気持ちよく走行します。しかし高速走行ではありません。

7:00 戸畑着。6人降車3人乗車。若干空席が増えました。

貨物列車もこの電車と同じ方向で走行していますが別の線路です。

戸畑周辺も都会的な印象です。

7:05 八幡着。2人降車2人乗車。

2面4線ホームです。

7:08 黒崎着。6人降車7人乗車。発車時ドア付近に立っている人全員座らせても空席少々あり。

車内にいた多くの人が降車した印象です。

黒崎を出たところで、ものすごいボロで短い車両をみかけました。表現悪くてすみませんが正直な感想です。黒崎に接続するローカル線です。

7:13 折尾着。3人降車7人乗車。発車時ようやく座席がすべて埋まりました。ドア前2人立っています。

JR九州の小倉・博多間は堂々たる9両編成。JR東海の東海道本線名古屋地区の快速系統は長くて8両編成なのでそれよりも長いのです。

川を渡った後高速運転になりました。ちなみに今回乗車した区間全体では高速運転する区間は少なかったです。JR東海の東海道本線名古屋地区では高性能車両により多くの区間で120kmという高速運転、JR西日本の東海道本線新快速に至ってはほとんどの区間で130km運転とまさに爆走するのに対して、JR九州では一般電車は高速運転サービスをしていないです。

7:18 途中駅で普通・南福岡行きを追い抜きます(通過)。

田園地帯が続きます。大雨が降り始めました。長い間ノンストップが続きます。

7:22 ようやく海老津着。降車なし3人乗車。発車時ドア前は私1人。両側のロングシートエリアでは1人立、3人立です。

この電車は博多到着が8:07と朝ラッシュピークですが、現時点ではまだまだ混雑していません。

田園と木が多い緑の地帯を通過します。そして高速運転はしていません。

7:28 赤間着。降車なし6人乗車。発車時ドア前5人立、両側のロングシートエリアは5人立、7人立です。

赤間駅ではホーム向かい側に普通電車が接続待ちで停車しており、相互に乗り換え可能です。


<3>後半・赤間から吉塚まで(7:28~8:03)

7:31 東郷着。降車なし12人位乗車。発車時ドア前は5人立ですがロングシートエリアは人で埋まっています。

ドッと乗車がありました。そしてドア前だけがぽっかり空間ができています。まるでこれから混んでくるかを予言しているようです。

7:37 福間着。降車なし8人乗車。ドア付近は混雑感ありです。両側のドアはすでに混雑しています。ロングシートエリアの状況も含めれば「混雑」といってよいでしょう。

7:41 古賀着。1人降車10人位乗車。反対側のドアが開いたため正確に数えられませんでした。ドア付近も混雑となりました。

「車内は混雑しております。閉まるドアにご注意ください」「乗降口を広く開け、スムーズな乗車のご協力をお願いします」と放送がありました。

終始ゆっくり走行して、

7:46 福工大前着。1人降車6人乗車。発車時満員に近い。両隣のドアでは満員。

とうとう満員に近い状況になりました。両隣のドア付近に至っては満員です。

終始ゆっくり走行して、

7:53 香椎着。5人降車11人乗車。発車時満員に近い。隣のドアでは満員。

香椎駅ではホーム向かい側に「DENCHA」(819系)4両が停車していました。蓄電池を装備しており非電化区間でも走行できる電車です。

7:56 千早着。反対側のドアが開いたため不明ですが降車はほとんどなく乗車は数名いた模様です。発車時満員に近い。隣のドアは満員。

8:03 吉塚着。4人位降車。

私も満員に近い車内で人をかき分けて降車しました。

乗車数はいったん降車した人が乗車したのかわからないので不明です。降車・乗車ともに少数であることは確かです。

KIMG4444s



<4>表にしました。

※ 以下記載は発車時の混雑状況です。

6:53 小倉発。  座席の約半数が埋まる。
6:55 西小倉着。 降車なし6人乗車。ドア前2人立。立人全員着席させてもわずかに空席あり。
7:00 戸畑着。  6人降車3人乗車。若干空席が増えました。
7:05 八幡着。  2人降車2人乗車。
7:08 黒崎着。  6人降車7人乗車。ドア付近に立人全員座らせても空席少々あり。
7:13 折尾着。  3人降車7人乗車。座席がすべて埋まる。ドア前2人立。
7:22 海老津着。 降車なし3人乗車。ドア前1人立。両側ロングシートエリアは1人立、3人立。
7:28 赤間着。  降車なし6人乗車。ドア前5人立、両側ロングシートエリアは5人立、7人立。
7:31 東郷着。  降車なし12人位乗車。ドア前5人立。ロングシートエリアは人で埋まる。
7:37 福間着。  降車なし8人乗車。ドア付近は混雑感あり。両側のドアは混雑。
7:41 古賀着。  1人降車10人位乗車。ドア付近も混雑。
7:46 福工大前着。1人降車6人乗車。満員に近い。両隣のドアでは満員。
7:53 香椎着。  5人降車11人乗車。満員に近い。隣のドアでは満員。
7:56 千早着。  乗降者数計測できず。満員に近い。隣のドアは満員。
8:03 吉塚着。  4人位降車。満員に近い。隣のドアは満員。


東郷あたりから福間、古賀、福工大前、香椎と停車駅ごとにまとまった乗車がみられ、福工大前あたりからは満員に近い~満員状態という状況であることがわかりました。


◆まとめ

(1)博多到着がラッシュピーク時となる小倉6:53発「快速」は9両編成でした。私が乗車した車両は817系3扉ロングシートでした。

(2)小倉から東郷までは混雑していませんでした。

(3)しかし、東郷で12人位、福間で8人、古賀で10人位、福工大前6人、香椎11人とまとまった乗車がありました。古賀発車時ではドア付近は混雑となり、福工大前発車時点で満員に近い状態となり、満員に近い状態が博多まで続きました。


※ 次回は、博多駅の一つ手前の駅である吉塚駅での朝ラッシュ時乗降観察です。

(注)当ブログ内の写真、文章の無断転載を禁じます。
©Copyright SHINO all rights reserved.