通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を!

通勤ラッシュ等、鉄道はまだまだ改善の余地があります。通勤ライナーの抜本的拡充など、鉄道をより快適・便利にする案をインターネット上で公開し、広め、実際に実現する一翼を担うことを目的とします。空想論でなく経営的にも現実的な案とします。皆様の積極的なご意見・ご感想お待ちしております。

通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を! イメージ画像

京葉線・武蔵野線

京葉線の3駅での観察を終えた。観察から明らかになったことを踏まえて、朝ラッシュ時におけるダイヤ改善案を発表する。<1>観察から明らかになったこと(1)新浦安到着時点において、武蔵野線方面からの電車のほうが京葉線方面からの電車に比べて混雑度に大きな差があること
『京葉線(その7) 朝ラッシュ時ダイヤ改善案発表!』の画像

武蔵野線西船橋駅の朝ラッシュ時を観察した。武蔵野線方面から京葉線東京方面への電車について、西船橋までどれくらいの量が乗車していて、西船橋でどれだけ降車・乗車があって、西船橋からどれくらい混むのか、を調べるためである。京葉線のダイヤ案を考える上で必要である
『京葉線(その6) 西船橋駅朝ラッシュ時の乗降観察』の画像

新浦安駅での朝ラッシュ時乗降観察である。京葉線内でも新浦安駅は乗客の多い駅となっている。今回の目的は、(1)新浦安駅での乗降数をつかむ。(2)武蔵野線方面からと京葉線方面からの電車の混雑度比較、である。<1>新浦安駅ホームに到着6:08 新浦安駅ホーム着。新浦
『京葉線(その5) 新浦安駅朝ラッシュ時の乗降観察』の画像

舞浜駅の朝ラッシュ時について観察してきました。今回はラッシュ最ピーク時となる8時台も観察してきました。さてどのような混雑結果となったでしょうか。<1>舞浜駅での朝ラッシュ時混雑観察の意味(1)京葉線では以前朝ラッシュ時新木場駅で観察したことがあるが8:02で切
『京葉線(その4) 舞浜駅朝ラッシュ時での乗降観察』の画像

京葉線、早朝の上り電車はどのような混雑でしょうか。蘇我から舞浜までの乗車体験報告です。<1>始発・蘇我駅にて(6:21~6:28)6:21 1・2番線の内房・外房線上りホームに到着。1番線では内房線上り各駅停車が到着し半数以上が降車した。蘇我にて京葉線に乗り換える人たち
『京葉線(その3) 早朝上り電車の乗車体験(蘇我から舞浜まで快速)』の画像

まずは京葉線舞浜駅夕ラッシュ時から紹介します。<1>舞浜駅で観察する目的(1)武蔵野線・西船橋方面からの流動と京葉線・海浜幕張方面からの流動数がそれぞれどのようになっているかを正確につかむ。どのようなダイヤ案がよいかを考えるうえで必要であった。(2)舞浜駅の
『京葉線(その2) 舞浜駅夕ラッシュ時乗降観察』の画像

京葉線の集中乗降観察のきっかけ・目的・目次について(今回京葉線を集中的に観察したきっかけ)今まで、京葉線について当ブログで大胆な改善提案をしてきた。(1)「夕ラッシュ時東京発電車について、武蔵野線・西船橋方面行きと蘇我方面行きとについて(有料系を除き)1対1
『京葉線(その1) 京葉線を集中的に乗降観察してきました。目次です。』の画像

「通勤ライナー」の価値について、京葉線の「通勤快速」を例にとって考える。<1>京葉線「通勤快速」とは?まず、京葉線の「通勤快速」について紹介する。・通勤ラッシュ時間帯に朝上り4本、夜下り2本の設定・蘇我・新木場間をノンストップで走行・内房線または外房線と直通

特急「さざなみ4号」は東京駅に8:45と通勤に便利な時間に到着するため、多くの利用者がいる。特に蘇我駅からの乗車が非常に多いのが特徴である。蘇我から東京までは自由席特急料金が510円と比較的安い料金であり、快適座席で速達輸送をしているためである。さて、今回のダイ
『2017年ダイヤ改正後の「さざなみ4号」乗車実態は? 蘇我駅にて観察してきました!』の画像

<1>京葉線は全駅でホームが15両延伸が可能に建設されていると思われる京葉線ホームは私が観察したところ、蘇我から新木場までの各駅では15両にホームを将来的に容易に延伸できるよう建設されていると思われる(全駅の正式資料は未確認)。また現地で観察したところ、西船橋
『京葉線を15両化してラッシュ混雑の絶大な緩和を!(その後修正)』の画像

◆京葉線ダイヤ改正案概要(1)西船橋方面の輸送力を大増強します!西船橋方面 現行3本(24両) ⇒ 6本(57両)  蘇我方面  現行10本(100両) ⇒ 6本(66両) (蘇我方面は特急・ライナーを除いた本数)※ 1時間当たりの本数・両数である。※ 現行本数は東京
『武蔵野線方面大増強! 京葉線夕方下りダイヤ改正案公表!』の画像

前回のブログで報告した夕方の海浜幕張駅観察では、特急「わかしお」での乗車数は多くなく、またその他の快速・各駅停車の乗車についても海浜幕張発車時で混雑とはいえない程度であった。しかし、海浜幕張地区は数多くの企業、文教施設、ショッピングセンター、ホテル等を抱
『京葉線 海浜幕張から東京への快適輸送を考える(夕・夜間上り)』の画像

海浜幕張駅は都心部からの通勤、西船橋方面からの通勤といった逆方向からの需要も多いのが特長です。上り・下り双方について観察してきました。(目次)<1>乗降観察の概要<2>上り乗降観察(17:10~18:00)<3>下り乗降観察(18:00~19:07)<4>(おまけ)海浜幕張
『京葉線 海浜幕張駅夕ラッシュ時乗降観察(上り・下り)』の画像

改札内房線からの上り特急は3本ある(平日のみ)。ラッシュ直前とラッシュ終盤とラッシュ直後にある。今回は、ラッシュ直前の「さざなみ2号」に乗車してきましたので、報告します。◆「さざなみ2号」の概要乗車区間 五井・東京間停車駅  五井6:17発、蘇我6:26発、東京6
『内房線特急・朝上り「さざなみ2号」に乗車しました!』の画像

「さざなみ6号」は東京9:13着であり、ラッシュピーク後に到着する特急である。どのような状況であったか? 五井・東京間に乗車してきましたので紹介します。◆内房線特急「さざなみ」上りの紹介「さざなみ」の平日上りは朝に3本のみとなっている。これらは土休日運休であ
『内房線特急・朝上り「さざなみ6号」の乗車体験とまとめ』の画像

京葉線夜間下り「通勤快速」に乗車した。その実体験と改善提案について紹介します。◆京葉線「通勤快速」について<本数>朝上り 内房線から2本(蘇我7:21、7:57発)     外房線から2本(蘇我7:09、7:45発)夜下り 内房線へ1本(東京19:18発君津行き)   
『京葉線夜間下り「通勤快速」の乗車体験と改善提案』の画像

◆2016年度にりんかい線直通ホームライナー登場か熊谷千葉市長は、京葉線とりんかい線と相互直通運転によるホームライナー運行を2016年度に目指す考えを明らかにしている。まずは以下の引用をお読みいただきたい。(以下、千葉日報より引用開始) 熊谷俊人千葉市長は代表質
『りんかい線直通よりも、京葉線内での通勤ライナー新設を!』の画像

<2016.9.26 読みやすくなるよう全文を修正しました>武蔵野線の西船橋駅を観察しました。東京方面からと海浜幕張方面から、西船橋駅で実際にどれくらい降車するのか、そして西船橋駅でどれくらい乗車するのか。どのようなダイヤが良いかを考えるうえで知っておきたかったか
『武蔵野線西船橋駅・夕ラッシュ時の乗降観察とまとめ』の画像

<2016.9.25 読みやすいよう全文を修正しました>京葉線朝ラッシュ時に新木場駅から下り電車に大量乗車が見られた。いったい彼ら、彼女らはどの駅で降りるのだろうか? その謎をこれから解きあかします。(観察年月日 2016年3月9日)◆朝下り・新木場から乗車体験報告8:0
『京葉線 朝ラッシュ時下りで大量降車する駅はどこだ?』の画像

<2016.9.25 読みやすくなるよう全文を修正しました>新木場駅での朝ラッシュ時乗降観察は、理想ダイヤを考えるうえで欠かせない。超満員状態なのか、そうではないのか。また、新木場で大量降車なのか、それともそうではないのか。上りのみを観察するつもりでいたが、下りも
『京葉線 朝ラッシュ時新木場駅で乗降観察をしてきました!』の画像

↑このページのトップヘ