通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を!

通勤ラッシュ等、鉄道はまだまだ改善の余地があります。通勤ライナーの抜本的拡充など、鉄道をより快適・便利にする案をインターネット上で公開し、広め、実際に実現する一翼を担うことを目的とします。空想論でなく経営的にも現実的な案とします。皆様の積極的なご意見・ご感想お待ちしております。

通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を! イメージ画像

東京メトロ

東京メトロ東西線の中野方面行きは通勤混雑が酷い路線のトップ集団の一つである。果たしてどのようなものなのか、東陽町駅にて乗降観察してきました。それでは紹介します。<0>記載について※ 観察位置 7号車3番ドア。上り専用エスカレーターが近くにある。※ 混雑度合 
『東京メトロ東西線の混雑は? 朝ラッシュ時東陽町駅で乗降観察してきました!』の画像

京成上野駅から銀座線上野駅へのアクセス、そして銀座線の上野・溜池山王間の混雑について報告します。<1>京成上野駅から銀座線上野駅へ京成上野駅改札口を出たところである。まっすぐ進む。まっすぐ進んだところには、銀座線、日比谷線、都営大江戸線のマークと矢印がある
『銀座線 朝ラッシュ時の混雑はどうなっているの? 上野・溜池山王間を乗車してきました!』の画像

平日の有楽町線から西武池袋線へ走行する通勤ライナー「Sトレイン」は、豊洲発17時、20時、23時、と3本設定されている(2017年5月現在)。このうち、一番利用者が多そうな20時発を選んだ。さて、実際乗車してどのような感想を持ったでしょうか?<3>券売機にてライナー券を
『Sトレイン(その2) 豊洲20時発「Sトレイン103号」に乗車してきました!』の画像

有楽町線有楽町駅は、JR線・千代田線・日比谷線・都営三田線といった多数の乗換駅であるとともに、有楽町自体が職場密集地でもある主要駅の一つである。そして、2017年3月に登場した有料座席保障電車「Sトレイン」の停車駅となり、有楽町駅から着席帰宅を選択することが可能
『Sトレイン(その1) 夕ラッシュ時・有楽町線有楽町駅の乗降観察』の画像

目黒線、グリーンライン乗車体験報告の第1回目は、夕ラッシュ時の南北線区間である。目黒線をよりよく知るためには乗り入れ区間の乗車も必須である。さっそく紹介します。<1>飯田橋から目黒まで南北線区間(17:27~17;49)出発地点は飯田橋とした。JR線飯田橋駅から南北
『東急目黒線(その2) 夕ラッシュ時南北線区間の乗車体験』の画像

東急田園都市線のラッシュ時観察については、昨年も「夕・夜間ラッシュ時の二子玉川・溝の口間」「朝ラッシュ時の溝の口・渋谷間」で行っており、ブログで公表している。しかし、田園都市線に通勤ライナーを入れられるかについては考察していなかった。田園都市線に通勤ライ
『東急田園都市線(その6) 夕ラッシュ時混雑・半蔵門線区間を乗車してきました!』の画像

西武鉄道は2016年6月、「ロング・クロスシート転換車両を投入し、土休日には西武秩父線・みなとみらい線間での運行を、平日は西武池袋線・東京メトロ有楽町線間への投入を、2017年春に運行する」ことを発表した。ピックアップしてみると、(1)運転開始時期   2017年春(2
『西武池袋線 東京メトロ有楽町線と直通する快適通勤サービスの登場が来春に迫る!』の画像

前回は所沢駅から練馬駅について<0>~<3>まで報告した。その後、練馬駅から東京メトロ有楽町線直通電車にて飯田橋までの乗車をしてきた。それでは<4>として報告します。<4>練馬駅から飯田橋まで8:26 各駅停車(有楽町線直通)新木場行き(10両) に乗車。乗車時点
『西武池袋線 朝ラッシュ時練馬から有楽町線飯田橋までの乗車体験』の画像

◆副都心線の概要2008年6月14日に全線開業している。東武東上線、西武池袋線沿線から、新宿三丁目、渋谷へ直通運転が開始されたのだ。池袋駅にてJR線に乗換なくても新宿・渋谷に行くことができるようになったのである。さらに、2013年3月16日、東急東横線と相互直通運転を
『副都心線の朝ラッシュ時は実際どうなっているの? 池袋から渋谷までの乗降観察とまとめ』の画像

今回は久しぶりに、ネットカフェ宿泊ではなくビジネスホテルに宿泊した。スーパーホテル和光市駅前である。ここでもスーパーホテル接客クオリティであり素晴らしかった。ベットが気持ちよく、また朝食も美味しくいただいた。さて、7:14にホテルを出て乗降観察に向かった。◆
『朝ラッシュ時の和光市駅と副都心線池袋駅までの乗降観察とまとめ』の画像

東京メトロ有楽町線の混雑状況はどんなものなのだろうか?池袋から和光市までは東武東上線も走行しており、途中離れるが事実上の複々線ともいえる。そして小竹向原駅では副都心線と合流して西武有楽町線へと分岐する。夕方ラッシュ時の実態を見てきましたので報告します。◆
『有楽町線市ヶ谷から和光市まで 平日夕ラッシュ時下り乗降観察とまとめと考察』の画像

<2016.9.29 読みやすいよう全文を修正しました>東京メトロ東西線は、朝の中野方面行き電車は大手町までは首都圏でも有数の激しい通勤混雑である。そして、逆方向の西船橋方面行きはそれほどでもないだろう、と思いこんでいた。しかし、たまたま観察してみたら意外なことが
『東西線大手町駅・朝ラッシュ時の乗降観察。西船橋方面行きも混雑している!』の画像

<2016.9.23 読みやすくなるよう全文を修正しました>夕方・夜間帯に、有楽町線のどれくらいの人数が新木場にて降車するのかを知りたかった。降車数が多ければ有楽町線を舞浜方面へ延伸するという輸送改善案も考えられるからである。「有楽町線新木場駅の乗降状況」、「夜間
『有楽町線・新木場駅と豊洲駅の乗降状況を観察してきました』の画像

↑このページのトップヘ