通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を!

通勤ラッシュ等、鉄道はまだまだ改善の余地があります。通勤ライナーの抜本的拡充など、鉄道をより快適・便利にする案をインターネット上で公開し、広め、実際に実現する一翼を担うことを目的とします。空想論でなく経営的にも現実的な案とします。皆様の積極的なご意見・ご感想お待ちしております。

通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を! イメージ画像

東急線

朝ラッシュ時、大井町線との乗換駅となる大岡山にて乗降観察をしてきました。ホーム上にて乗り換え可能である。どれくらいの乗降変化があるのでしょうか?それではご覧ください。<8>大岡山での乗降観察(7:24~8:27)<記載上の注意>・4番線の目黒線を(目)、3番線の大
『東急目黒線(その7) 朝ラッシュ時・大岡山での乗降観察』の画像

今回は、朝ラッシュ時に日吉駅での目黒線観察と、日吉から大岡山まで各駅停車乗車体験をお伝えします。<7>日吉駅ホームに並ぶ乗客が密集(6:54~7:09)6:52 日吉駅上りホームに到着。<記載上の注意>・4番線東横線を(4)、3番線目黒線を(3)と表示する。・今回は目
『東急目黒線(その6) 朝ラッシュ・日吉駅で目黒線を待つ乗客が密集!』の画像

早朝にグリーンラインの乗降観察をしてきました。報告します。<5>北山田から日吉本町まで移動5:57 北山田駅付近の快活クラブを出る。北山田駅1番出口到着。ポツポツと通勤・通学者が足早に改札へと向かっていく。6:05 北山田駅の改札を通る。<3号車1番ドアに乗車>6:
『東急目黒線(その5) 早朝のグリーンライン乗降観察』の画像

<3>目黒から日吉まで各駅停車(19:04~19:25)19:02 目黒発。発車時混雑~かなり混雑に近い。19:04 不動前着。降車なし、1人乗車。増えた。19:06 武蔵小山着。3人位降車1人位乗車。反対側のドアのため数はアバウトである。19:08 西小山着。2人降車、乗車なし。19
『東急目黒線(その4) 夜間ラッシュ時・目黒駅から日吉駅まで、そしてグリーンラインに乗車してきました!。』の画像

いよいよ夕ラッシュ時に目黒線で最も混雑する目黒駅の乗降観察です。<2>目黒駅での乗降観察(17:51~19:01)<記載の説明>・6号車3番ドアにて観察。乗降数はこのドアでの数である。・ドアをいったん降りてまた乗車した人も含んでいることがある。・すべて日吉行きである
『東急目黒線(その3) 夕ラッシュ時・目黒駅での乗降観察』の画像

目黒線、グリーンライン乗車体験報告の第1回目は、夕ラッシュ時の南北線区間である。目黒線をよりよく知るためには乗り入れ区間の乗車も必須である。さっそく紹介します。<1>飯田橋から目黒まで南北線区間(17:27~17;49)出発地点は飯田橋とした。JR線飯田橋駅から南北
『東急目黒線(その2) 夕ラッシュ時南北線区間の乗車体験』の画像

以前、東横線を取り上げた。今回は、東横線を語るうえで欠かせない目黒線を取り上げる。また、目黒線始発駅である日吉駅に接続している横浜市営地下鉄グリーンラインについても取り上げる。<1>東横線の混雑緩和で活躍する目黒線(目黒線の概要)区間) 日吉~目黒間両数)
『東急目黒線(その1) 目黒線・グリーンラインの概要』の画像

今まで東横線の乗降観察、乗車体験を報告してきた。さて、どのようなダイヤ改善が考えられるでしょうか。また、通勤ライナーサービスはどのようなものが考えられるでしょうか。それでは紹介します。(2017/5/2追記あり)<1>東横線ダイヤ改善案(改善案)(1)朝ラッシュピ
『東急東横線(その8) ダイヤ改善案・通勤ライナー案』の画像

自由が丘から中目黒まで向かい、中目黒での乗降観察をして、新宿三丁目まで向かった。<8>自由が丘から中目黒まで(8:24~8:38)自由が丘から各駅停車渋谷行き(8両)に乗車した。発車時かなり混雑。都立大学着。降車乗車不明。学芸大学着。2人降車12人乗車。発車時満員へ
『東急東横線(その7) 朝ラッシュ時中目黒での乗降観察』の画像

ラッシュ時に激しい混雑が予想される駅であり、大井町線からの乗り換え客も受ける自由が丘駅での乗降観察記録です。<4>早朝の平和な自由が丘駅(6:27~6:53)(以下記載の注意事項)5号車1番ドア(8両編成時)の乗降数を定点観察。(5)は5番線発、(6)は6番線発。混雑
『東急東横線(その6) 朝ラッシュ時混雑・自由が丘駅での乗降観察』の画像

喉を痛め寝てもいられないため朝4時台にカプセルホテルを出た。そして暴風雨の中、JR根岸線・関内駅から横浜駅に出た。現場観察というのは、このようなアクシデントが起こるものなのである。<1>横浜~日吉まで早朝乗車(5:34~5:51)5:11 ホーム着。人がいない。5:34
『東急東横線(その5) 早朝の横浜・自由が丘間乗車報告』の画像

中目黒駅は、日比谷線と同一ホームにて接続している。日比谷線からの客が加わる駅である。さて、どのような状況であったでしょうか?<4>中目黒駅での大量乗車(18:00~19:08)18:00 中目黒着。私は降車して乗降観察をすることにした。ホームから見える景色は都会的であ
『東急東横線(その3) 夕ラッシュ時混雑・中目黒駅での乗降観察。』の画像

東横線は東急線の2大動脈線の1つである。その東横線のラッシュ時はどのようになっているのだろうか。<0>目次(1)夕ラッシュ時の新宿三丁目・横浜間乗車(2)夕ラッシュ時の中目黒駅での乗降観察(3)早朝の横浜・自由が丘間乗車(4)朝ラッシュ時の自由が丘・中目黒駅での
『東急東横線(その2) 夕ラッシュ時新宿三丁目・渋谷の状況』の画像

東急の2大動脈線の一つは田園都市線であり、もう一つは東横線である。私が学生だった頃(二十数年前)の東横線は、渋谷と横浜(桜木町)とを結ぶだけの路線であった。そして中目黒で同一ホームにて日比谷線始発に乗り換えることができる、という路線であった。しかし、そんな

田園都市線のダイヤ改善案と、通勤ライナー案を公開する。<1>田園都市線のダイヤ改善案主要部分のみ取り上げる。(1)夕・夜間ラッシュ時間帯では、まずは急行と各駅停車の比率を「1対1」にする。急行と各駅停車との混雑が平準化され、急行の混雑が緩和される。急行の利用
『東急田園都市線(その12) ダイヤ改善案・通勤ライナー案』の画像

溝の口駅で各駅停車はどれだけ混雑して到着するのかについての観察、溝の口から半蔵門線錦糸町までの各駅停車乗車体験をしてどの駅でどれだけの乗降があるのかについて、報告します。溝の口駅では大井町線についても触れます。<6>溝の口駅での乗降観察(8:24~8:49)以下
『東急田園都市線(その11) 朝ラッシュ時混雑・溝の口での観察、溝の口~錦糸町までの乗車体験』の画像

今回は朝ラッシュ時の「鷺沼駅での乗降観察」を中心にお伝えする。鷺沼駅は、大井町線始発となる溝の口駅の直前の急行・準急停車駅であり、大変な混雑が予想される駅である。同時に、「鷺沼から溝の口までの各駅停車乗車」についてもお伝えする。<4>鷺沼での乗降観察(7:1
『東急田園都市線(その10) 朝ラッシュ時・鷺沼駅での準急混雑は一番酷い!』の画像

朝ラッシュ時の田園都市線、まずは、中央林間から鷺沼まで各駅停車乗車、途中あざみ野での乗降観察についての報告です。<1>中央林間~あざみ野まで各駅停車(6:22~6:46)6:16 改札前に来た。すでに大量の人が小田急線駅方面から向かってくる。小田急江ノ島線からの乗
『東急田園都市線(その9) 朝ラッシュ時中央林間から鷺沼まで乗車・あざみ野駅での乗降観察』の画像

↑このページのトップヘ