通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を!

通勤ラッシュ等、鉄道はまだまだ改善の余地があります。通勤ライナーの抜本的拡充など、鉄道をより快適・便利にする案をインターネット上で公開し、広め、実際に実現する一翼を担うことを目的とします。空想論でなく経営的にも現実的な案とします。皆様の積極的なご意見・ご感想お待ちしております。

通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を! イメージ画像

山陰地区

松江駅構内の喫茶店でゆっくりしてから「スーパーまつかぜ」にて松江・鳥取間の乗車をする。今回の旅行にて山陰本線特急「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」に乗車するのは4回となったが、これで最後となる。総まとめも含めて紹介します。◆「スーパーまつかぜ10号」松江
『山陰本線特急乗車体験記・最終第4弾「スーパーまつかぜ10号」と総まとめ』の画像

スーパーホテル湯田温泉を出て、湯田温泉駅へと向かった。昨日は鳥取から湯田温泉まで特急に乗ったが、今日もまた逆方向にて鳥取まで向かう。この時間は鳥取駅までの直通が無いため、途中の松江駅まで乗車することにした。それでは紹介します。◆「スーパーおき2号」山口線区
『山陰本線特急乗車体験記・第3弾「スーパーおき2号」』の画像

安来(やすぎ)駅で途中下車して、全国的に有名な足立美術館に寄ってきた。足立美術館は安来駅から片道20分間の無料送迎バスがあり便利である。さて、これから山口県の湯田温泉まで山陰本線特急に再び乗車をする。かなりの長距離である。それでは紹介します。◆「スーパーお
『山陰本線特急乗車体験記・第2弾「爆走!スーパーおき5号」』の画像

鳥取県と島根県は、山陰本線の高速化事業を行なった。線路も速く走行できるように改良し、車両も高速運転できるように投入したのである。高速化事業後の山陰本線特急に乗車していなかったので、山陰旅行と合わせて今回体験してきました。どんなものだったでしょうか?山陰本
『高速化事業後の山陰本線特急「スーパーおき3号」乗車体験記』の画像

前回は「はまかぜ」下り列車について紹介したが、今回は上り列車も乗車してきたのでこれから紹介します。◆「はまかぜ2号」鳥取から山陰本線を走る早朝の鳥取駅。特急「はまかぜ」は1日3往復しかないが、鳥取発は朝6:00の1本しかない。5:53 特急(3両編成)入線。私と
『特急「はまかぜ2号」鳥取から大阪までの長距離乗車体験記。』の画像

◆特急「はまかぜ」に対する興味私はふとしたことから、特急「はまかぜ」に対して興味を持った。そのいくつかの理由を挙げてみる。(1)大阪・鳥取間を4時間以上かかる超長距離特急である。面白そうである。(2)4時間以上かかるというのにグリーン座席が連結していない。
『1日3本しかないレア特急「はまかぜ5号」大阪から鳥取までの乗車体験記。』の画像

↑このページのトップヘ