通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を!

通勤ラッシュ等、鉄道はまだまだ改善の余地があります。通勤ライナーの抜本的拡充など、鉄道をより快適・便利にする案をインターネット上で公開し、広め、実際に実現する一翼を担うことを目的とします。空想論でなく経営的にも現実的な案とします。皆様の積極的なご意見・ご感想お待ちしております。

通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を! イメージ画像

グランクラス

私は空を飛ぶ飛行機が苦手であり、特に外国に行きたいという強い欲求はない。しかし、ファーストクラスの高水準の豪華なサービスには興味がある。そして「このレベルのサービスを一部でも鉄道にも取り入れられたらすごく楽しいだろうな」という思いをずっと持っている。池袋
『池袋駅前「ファーストエアラインズ」でファーストクラスを疑似体験してきました!』の画像

「新潟・青森グリーン車による日本海縦断の旅」1日目として、上越新幹線にて新潟へ向かった。<1>乗車した新幹線の概要(乗車した区間) 東京(12:40発)から新潟(14:48着)まで(車両・座席) 「MAXとき」E4系16両編成・2階席(普通車指定席)今回は株主優待券2枚
『上越新幹線「MAXとき」に乗車。グランクラス疑似体験をしました!』の画像

宮崎駅の改札口を出たすぐのところで、JR九州が「B&Sみやざき早特往復きっぷ」を大々的に宣伝していた。このお得なきっぷから、宮崎・博多間の交通問題について、そして特急「にちりん」の活性化案について考察したい。以下写真は、宮崎駅改札口前のポスターである。◆
『宮崎・博多間のコースを比較する。そして特急「にちりん」の活路は?』の画像

北海道新幹線のグランクラスに乗車した。グランクラスの乗車は、昨年7月に北陸新幹線に次いで2回目である。初回の時は大変感動した。さて、2回目はどのように感じることでしょうか。◆グランクラスと普通車との料金差についてまず、東京・新函館北斗間のグランクラスと普
『北海道新幹線のグランクラスに乗車してきました!』の画像

私は、北海道新幹線のグランクラスに乗車することにした。その理由は、東京駅にある「ビューゴールドラウンジ」に入ってみたかったからである。ラウンジを利用するために、東京駅発の下りをグランクラスにしたのである。◆「ビューゴールドラウンジ」を利用できる条件とは?
『東京駅の「ビューゴールドラウンジ」を体験してきました!』の画像

<2016.9.18 読みやすいよう全文を修正している途中です。>◆東海道新幹線にこそグランクラスを投入すべき理由ズバリ「高額な料金を支払っても高い快適性を求める客層が抜群に多いから」である。◆現在の東海道新幹線の車両内訳(1)16両編成のうち、グリーン車が3両、
『東海道新幹線にこそ「グランクラス」の投入を!』の画像

◆ネット上では賛否両論であるが、果たして?「グランクラス」とは、「グリーン車」よりもさらに上位ランクのサービスを提供する車両であり、東北新幹線のほか北陸新幹線に登場している。ネット上でのグランクラス体験してきた人のブログは以前から興味深く見ていた。そこに
『北陸新幹線・グランクラスに乗車体験してきました!』の画像

↑このページのトップヘ