通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を!

通勤ラッシュ等、鉄道はまだまだ改善の余地があります。通勤ライナーの抜本的拡充など、鉄道をより快適・便利にする案をインターネット上で公開し、広め、実際に実現する一翼を担うことを目的とします。空想論でなく経営的にも現実的な案とします。皆様の積極的なご意見・ご感想お待ちしております。

通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を! イメージ画像

バス

千葉都市モノレールは、1号線のうち「千葉・県庁前間」の利用者数が大変少ない。そのため、「もし、1号線の県庁前間から単線で延伸したら利用者が増えるのではないか」という仮説を立てたのである。そして私が延伸先として望ましいのではないかと考えているのが千葉大学病院
『千葉都市モノレール(その2)千葉大学病院行きバス乗車体験と1号線改善案』の画像

「湘南モノレール」に続き、「千葉都市モノレール」について取り上げる。極めて利用者の少ない1号線「千葉・県庁前間」問題の改善案について取り上げる。<1>千葉都市モノレールの運行系統と利用状況(実際の運行系統)1号線の「千葉みなと・県庁前間」と、2号線の「千葉み
『千葉都市モノレール(その1)1号線「千葉・県庁前間」改善案として2つの仮説を考える』の画像

観察・乗車体験をしてきた。これらにより、新交通システム導入可否について結論を述べる。◆結論(1)幕張本郷・海浜幕張間に、高架・無人運転の新交通システムを建設するのも良い。輸送量的には建設価値は十分にあり、またバスでは信号待ちロスは大きく高架化により到達時間
『海浜幕張・幕張本郷間バス輸送改善は可能か?(その7・最終回)新交通システムは入れられるかの考察』の画像

幕張本郷での凄まじい混雑を観察した。次は、実際に朝ラッシュ時の急行バスに乗車する。それでは早速紹介します。<4>急行・海浜幕張行きの乗車体験報告8:46 臨時改札口でSUICAをタッチして連接バスに乗車。8:48:20 幕張本郷発車! (表記は8時48分20秒という意
『海浜幕張・幕張本郷間のバス輸送改善は可能か?(その6)朝ラッシュ時の急行・海浜幕張行きに乗車しました!』の画像

日中に海浜幕張・幕張本郷間の連接バスに乗車して時刻表を見た状態で結論を書こうとしたのであるが、朝ラッシュ時の幕張本郷駅のバスを見ておかなければ正確に結論書けないかなとの思いがあった。そのため、実際に行ってきました。行って大正解でした。幕張本郷駅の状況と実
『海浜幕張・幕張本郷間のバス輸送改善は可能か?(その5)迫力ある朝ラッシュ時幕張本郷駅の観察』の画像

いよいよ連接バスに乗車体験報告です。<1>テクノガーデン・海浜幕張駅付近の状況テクノガーデンの停留所である。これは幕張本郷行きである。迫力ある長さである。この停留所には、到着まであと何分かをお知らせする装置が付いている。バス停でこのような装置がある所は私は
『海浜幕張・幕張本郷間のバス輸送改善は可能か?(その4)連接バスの乗車体験報告』の画像

連接バスに乗車体験する前に昼食をとったのであるが、その場所が「イオン食堂」である。この食堂はコスパが良くて気に入っている。なお、「イオン食堂」と記したが正式名称ではない。私が勝手に呼称をつけているのである。<1>イオン食堂へ向かう13:32 海浜幕張駅着。イオ
『海浜幕張・幕張本郷間のバス輸送改善は可能か?(その3)コスパの良いイオン食堂』の画像

今回は、バスのダイヤがどのようになっているかを理解していきます。<1>バスのダイヤの全体像をつかむ京成バスの公式ホームページの時刻表へリンクしているので参照してほしい。(2016年11月現在)・幕張本郷駅から、海浜幕張駅方面へのバス時刻表(平日)http://www.keise
『海浜幕張・幕張本郷間のバス輸送改善は可能か?(その2)現在のバスのダイヤを理解する』の画像

海浜幕張・幕張本郷間の輸送に興味を持った。なぜなら、連接バスで運行しており、かつ朝ラッシュ時は約1分間隔という高頻度で運行しているからである。「この区間を、高架・無人運転の新交通システムにすれば大幅な改善になるのではないか」と私は考えていた。それを検証する
『海浜幕張・幕張本郷間のバス輸送改善は可能か?(その1)高架・無人運転のメリット』の画像

↑このページのトップヘ